トップページ - 四季フォトノート
FC2ブログ

四季フォトノート

大阪、京都、奈良を中心に四季折々の写真を紹介するブログ風フォトギャラリーです

伊勢神楽

 田植えが終わり、7月に入ると今でも伊勢神楽(かぐら)がやってきます。伊勢神楽は江戸時代中期から始まったといわれ、伊勢神宮へ参拝できない人々の代わりに伊勢からやってきます。



伊勢神楽
 家々を巡り、笛、太鼓、鉦の音にのせて獅子神楽を舞って荒神を祓い、神札を配る。


伊勢神楽
 手には鈴、御幣、刀などを持って舞う。


伊勢神楽
 二人一組の獅子舞。


伊勢神楽
 最後は頭からすっぽり衣装を被りクライマックス。


 今年も九州、岐阜、長野など広範囲で豪雨災害が報道されています。被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。伊勢神宮のお祓いが効いて欲しいものです。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

田んぼと夕陽

 6月下旬。こちらでは梅雨になると田植えが始まります。東日本や北日本に比べるとかなり遅い田植えですが、梅雨の雨を利用するので合理的と言えば合理的です。


田んぼと夕陽
 夕方6時半頃、日が西に傾く。田植えを終わった田んぼは空を反射して輪郭が浮かび上がる。


田んぼと夕陽
 鉄塔と夕陽。この日はかなり雲が多く、日没が見られるか微妙。


田んぼと夕陽
 更に日が傾いて、空が少し赤味を帯びてきた。


田んぼと夕陽
 日没直前、空が赤く染まり田んぼが輝いた。


 日没時には太陽が雲に隠れてしまいましたが、空が赤く焼けてなんとも綺麗でした。雲が多かったものの、風情があって良かったです。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

あじさい園

 万博公園に引き続き、長居植物園のあじさいです。写真仲間と6月中旬に行きました。万博公園と同様、ちょうど見頃でした。


あじさい園
 こちらも木陰が多く、あじさいをゆっくり鑑賞。


あじさい園
 少し色づいた木の下にガクあじさいが咲いていた。


あじさい園
 木漏れ日のスポットライトに照らされて、花が浮かび上がる。


あじさい園
 こちらは葉っぱがドライフラワーのように萎れているのに、花は元気に咲いているなんとも不思議なあじさい。


 この日は日差しが強かったので、背景の木陰が黒く、花が浮かび上がる構図を撮ることができました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

あじさいの森

 6月中旬になると、あじさいの季節ですね。ようやく再開した撮影会の最初は、万博記念公園自然文化園の「あじさいの森」でした。


あじさいの森
 “ 森 ” という名前に相応しく、木々の茂る斜面にあじさいがいっぱいだった。


あじさいの森
 山あじさい?ピンク色のガクが上品。


あじさいの森
 夢中で写真を撮る人。暑い中、殆どの人がマスク姿。


あじさいの森
 あじさいの森は木陰が多く、直射日光を避けて撮れる。


 6月中旬に行った時はちょうど見頃で良かったです。あじさいの森へは初めて行きましたが、入口から遠くて当日の蒸し暑さもあり、着いてから撮影終了まで汗だくでした。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

雨の高野山

 壇上伽藍に靄がかかった雰囲気を撮りたくて、雨降る日に高野山へ。大雨の予報が出ている日でしたが、思ったほどの靄が出ませんでした。


雨の高野山
 ケーブルカー終点「高野山駅」からの眺め。山並みにうっすら靄がかかる。


雨の高野山
 御影堂から根本大塔を撮る。風も出て雨が横降りに。


雨の高野山
 小降りになると壇上伽藍にも人影。


雨の高野山
 新緑がしっとり濡れて、落ち着いた雰囲気を醸し出す。


 梅雨のこの時期、新型コロナウィルスの追い討ちもあって、壇上伽藍には殆ど人がいない状態でした。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ