秋:彩景 - 1ページ目11 - 四季フォトノート
FC2ブログ

Category秋:彩景 1/11

大威徳寺の紅葉

 紅葉最後の記事です。牛滝山の大威徳寺(だいいとくじ)は岸和田市にある天台宗の古刹。役小角(えんのおずぬ)が開祖といわれる山岳寺院です。秋には錦繍の紅葉名所として知られていて、大阪府内でも人気の高いスポットです。 大威徳寺の境内には重要文化財の多宝塔が聳え、朝の強い光が差し込む。 境内の至る所に立派な紅葉がある。 落葉の赤い絨毯も綺麗だ。 境内の奥には、一の滝から流れる牛滝川に紅葉が反射する。 行...

  •  2
  •  -

善峯寺紅葉

 紅葉が続きます。今回は京都府洛西にある善峯寺の紅葉です。善峯寺は西国三十三所観音霊場第二十番札所で、釈迦岳の山腹に位置し、山寺ならではの紅葉が楽しめます。11月下旬は丁度見頃でした。 善峯寺停留所でバスを降りると、いきなり鮮やかな紅葉が目に飛び込んでくる。 境内は結構階段が多く、息を弾ませながら登り降り。階段は紅葉のトンネルだった。 あちらこちらに見応えのある紅葉が点在する。 そして山全体が紅葉し...

  •  4
  •  -

若草山の秋

 先月、奈良の若草山に登りました。若草山は、山全体が芝生でおおわれており、三つの笠を重ねたような形をしていて、山のあちらこちらで鹿を見ることができます。木々が色づく良く晴れた日で、青空が綺麗でした。 若草山のふもと。芝生に覆われた斜面に鹿がいた。 頂上へ登る途中には、こんな大木もある。 太陽の光が降り注ぎ、透過光が草木を赤く輝かせる。 三重目と呼ばれる頂上にも鹿がたくさんいて、下界を見下ろしている...

  •  2
  •  -

談山神社の紅葉

 11月下旬、奈良県桜井市にある談山神社(たんざんじんじゃ)へ紅葉を撮りに行きました。遠い昔、国の政治を欲しいままにしていた蘇我氏一族を討つため、中臣(藤原)鎌足と中大兄皇子が山中で大化の改新の談合を行ったというのが、談山神社の言われです。 入山受付をすませると、正面に大きな鳥居と石段が待ち受ける。 石段を登って拝殿に入ると、中から境内の紅葉が一望できる。 重要文化財の木造十三重の塔。藤原鎌足の追福...

  •  6
  •  -

紅葉と鹿

 11月中旬に奈良公園へ行ってみました。丁度、桜やナンキンハゼが紅葉していて、鹿が草を食んでいる姿が絵になります。 紅葉している木のそばで鹿がのんびり草を食んでいる。 奈良公園はナンキンハゼが多い。鮮やかな紅葉のそばでも鹿が草を食む。 朝日を浴びて、逆光に鹿の輪郭が浮かび上がる。 子鹿も多かった。 奈良公園の中では、飛火野が一番絵になるような気がします。朝早く行くと、鹿が白い息を吐くのが分かります。...

  •  4
  •  -

出石城跡

 高源寺からの帰途、兵庫県豊岡市にある出石(いずし)へ立ち寄りました。出石は但馬の小京都と呼ばれる城下町。出石城の跡にある稲荷神社には何重にも重なる鳥居など京都の伏見稲荷を思い出します。 出石城には天守閣は建設されなかったという。代わりに櫓が残っている。 城跡の一角にある稲荷神社へは、鳥居の重なる石段を登っていく。 苔むした木の根元の散り紅葉。情緒ある光景だった。 こちらのモミジは日陰で遅れていた...

  •  0
  •  -

高源寺の紅葉

 11月中旬、兵庫県内でも人気の高い紅葉スポット、丹波路の高源寺へ行ってきました。高源寺は鎌倉時代に開創された臨済宗中峰派の本山。まだ少し早かったものの、名刹の紅葉を楽しめました。 境内奥の方丈へと繋がる急な石の階段。古い石段がでこぼこしていて趣がある。 建物の奥には鮮やかな紅葉。 あちこちに石の階段がある。鐘楼へと繋がる石段。 境内の一番奥に多宝塔がある。塔も紅葉で囲まれていた。 高源寺の紅葉は天...

  •  2
  •  -

色づくスカイライン

 11月初旬の高野龍神スカイライン。青空の下、雄大な原生林が広がる護摩壇山周辺では、彩り豊かな景色を楽しめました。 ごまさんスカイタワー展望台からの眺め。雄大な風景の中に、手前の広葉樹林が色づく。 スカイタワーの横に護摩壇山へ続く遊歩道があり、散策できる。 護摩壇山周辺のスカイライン沿いで車を停め、しばし風景に見とれる。 あちこちにこんな景色が見られた。 スカイライン沿いに車を走らせると、見とれてあ...

  •  2
  •  -

雨の藤原京

 10月下旬、写真仲間と藤原京のコスモスを撮りに行きました。奈良県橿原市にある藤原京は、今から1300年前に中国の都城を参考にして造営された日本で初めての本格的な都。とはいえ、今はその宮跡が残っているだけで、広大な敷地にコスモスが植えられています。 当日は朝からずっと本降りの雨。コスモスもうなだれて、なんとなくみすぼらしい。 ぬかるみを避けながらの撮影は結構大変。 濡れながらも健気に咲くコスモス。手を振...

  •  2
  •  -

生石高原のススキ’19

 10月下旬、和歌山県の生石(おいし)高原へ行ってみました。夕日に輝くススキを撮りたかったので、午後3時過ぎに到着し、日没までいました。天気が良い日を選んだつもりだったのですが・・・ この時期、生石高原は見渡す限りススキに覆われる。 生石高原の頂上(生石が峰)に登ると、海が遙かに見渡せる。 ススキの中を散策する人々。 夕方近くになっても空は雲に覆われ、むしろ哀愁ただよう風景になった。 この日の天気予...

  •  2
  •  -