写真の構図・遊び - 1ページ目13 - 四季フォトノート

四季フォトノート

Category写真の構図・遊び 1/1

写真の遊び(5) 魚眼レンズ風写真

 すっごく久しぶりに写真の遊びです。 さて、最近では魚眼レンズで撮った写真などは珍しくなくなりました。更にカメラ自体に魚眼風にできるソフトが付いていたりして、それなりに魚眼レンズで撮ったような写真が得られます。が、悲しいかな、魚眼レンズを持たず、そのような最新機能も搭載されていないカメラでは、指をくわえて見ているしかないのでありました。 で、結局は画像編集ソフトによるレタッチに頼ってしまうのであり...

  •  9
  •  -

写真の遊び(4)HDR合成

 久しぶりの写真の遊びです。 さて、HDR合成(ハイダイナミックレンジごうせい)という写真の技法をご存じでしょうか? 簡単に言うと、明暗差の大きい被写体を撮るとき、例えば空や太陽など極端に明るい部分は白飛びし、日陰など暗い部分は黒つぶれしてしまうときがありますが、これを何枚か露出を変えた写真を合成することによって、白飛び・黒つぶれを抑える技法です。 まずは次の2枚の写真をご覧下さい。ちょっと季節外れで...

  •  0
  •  -

写真の構図(4)狙いを明確に

 写真の構図、その4です。 紅葉も終わり、初冬の寒さが身に浸みる今日この頃ですが、今回は紅葉の写真から。 まず、次の2枚の写真をご覧下さい。 昨年の紅葉真っ盛りの頃、兵庫県篠山市にある洞光寺(どうこうじ)で撮った写真です。紅葉の名所として知られていますが、ちょっと不便なところにあるので、案外、穴場です。 写真(1)まずはヨコ構図。 写真(2)次はタテ構図。 上の2枚は、洞光寺の本堂横にある鳥居と紅葉。...

  •  6
  •  -

写真の遊び(3)多重合成

 最近、デジタルカメラの機能がどんどんアップして、いろんな合成写真ができるようになりました。今回は多重合成のお話。今どき珍しくない多重合成ですが、カメラ本体でできる多重露光はまだ限られています。なので、パソコンのソフトでできる多重合成のお話です。 多重合成のバラの写真を一枚、下に示します。 まともに撮った一枚の写真に比べて、ぼかしたような、ふんわりソフトな感じに見えますよね。好き嫌いは別にして、幻...

  •  2
  •  -

写真の構図(3)違和感

 写真の構図、その3です。 今回、前置きは抜きにして、さっそく本題に入ります。 少し季節外れですが、次の写真をご覧下さい。 写真(1) 万博公園で撮影したハスの花の1枚です。ハスの葉からグッと突き出たピンクの花が2輪と、       葉に隠れるように白い1輪の花が顔を出し、かわいいなと思いました。 写真(2) 春日大社で写した藤の花です。朱色と黄色の軒を背景に、藤の花がきれいだなと思いました。 この2枚の...

  •  0
  •  -

写真の構図(2)半々はいけません

 写真の構図、その2です。 写真を撮れば撮るほど、写真の構図ってむずかしいなと思います。以前にも書きましたが、感性は人それぞれ。でも、自分としては多くの人が、ああいいなと思う写真を目指してみたいと思うのです。では多くの人がいいなと思う写真ってどんな写真なんでしょう? ちょっと季節外れですが、次の2枚の写真をご覧下さい。写真(1) 服部緑地で写したもの。桜を主役にして、手前に竹を配置しています。   ...

  •  2
  •  -

写真の遊び(2)ジオラマ風写真

 「ジオラマ風写真」をご存じの方も多いと思います。 実際の写真をミニチュアモデルのように見せかけた写真です。 まずは下の写真をご覧下さい。 これは大阪駅のステーションシティ側から、グランフロント大阪へ通じる2階の通路を見下ろして撮ったものです。どうでしょうか?通路を歩く人々がミニチュア人形のように見えれば、大成功です。 ジオラマ風写真は人間の錯覚を利用したものです。 ↓続きを読むときはクリックして下...

  •  0
  •  -

写真の遊び(1)露光間ズーム

 露光間ズームという技法を写真仲間から教えてもらったので、遊んでみました。といっても難しくありません。カメラでシャッターが開いてから閉じるまでの間(露光中)にズーミングするのです。この方法は例えば花畑のようにたくさんの花がある場合、そのうちの一つの花に視線を集中させるなどの効果があります。 下の写真は、露光間ズームで撮ったものです。奈良・長谷寺本堂の東側に、水子を供養するたくさんのお地蔵様が並んで...

  •  0
  •  -

写真の構図(1)邪魔ものは消せ

 桜の写真ばかりで、少々飽きたかもしれません。まだ今週も少し続きますが・・・ここでちょっと一息。 写真の構図について。感性は人それぞれだから、自分がいいと思ったらそれでいいじゃんという方もいらっしゃると思います。それはそうです。でも、自分としては多くの人が、ああいいなと思う写真を目指してみたいのです。 ものの本を見ると、主役(主題)を明確にする、写真は引き算、もう一歩被写体に近づく、など基本の他に...

  •  0
  •  -