夏:灼景 - 1ページ目7 - 四季フォトノート

Category夏:灼景 1/8

善峯寺とあじさい

 6月末の雨が降りしきる中、西国三十三所第20番札所・善峯寺を何年ぶりかで訪れました。残念ながらあじさいはもうピークを過ぎていましたが、朝のうちは雨にけむって幻想的な雰囲気でした。 山あいは雨にけむり、幻想的な雰囲気。 開山堂の周辺も白っぽく霞む。 既にピークを過ぎ、自慢のあじさい苑も“全山咲きほこる”様子とまで行かなかった。 それでもあちこち健気に咲き、目を楽しませてくれた。 梅雨も終盤。山あいの幻...

  •  0
  •  -

梅雨の公園

 西日本豪雨、ものすごい雨でした。被災された方々に心より御見舞申し上げます。 6月中旬、写真仲間と枚方市にある山田池公園へ。ちょうどアジサイの時期で、雨上がりのしっとり濡れた花が綺麗でした。 池には木の枝が水面まで垂れ下がっていた。 葉っぱの形が面白かった。 ちょうどアジサイが満開。赤いザクロの花が散って、唐辛子を撒いたような。 雨上がりのアジサイに水滴が残っていた。 山田池公園には大きな池があり...

  •  0
  •  -

田園の夕景

 6月中旬、あちこち田植えが終わり、水田の照り返しがまぶしい季節。梅雨の合間の夕暮れ時、住宅街にほど近い田園風景を撮りに行きました。 田植えが終わった水田では、苗の緑がみずみずしい。 やがて日が傾き、広い田園がパッチワークのように区画して空を映し出す。 日が沈んだ後に茜色の空が残る。 更に辺りは夕闇の帳に包まれてゆく。 山に囲まれた棚田のような変化はありませんが、住宅街や鉄塔を背景に田園夕景を撮る...

  •  0
  •  -

恋し野の里 あじさい

 撮影会で「恋し野の里あじさい園」へ行きました。「恋し野の里」と書いて「こいしのさと」と読ませるようです。和歌山県橋本市恋野という所にあり、なんともロマンチックな名前が付いています。初めて行きましたが、園内は広く、季節には約30種5,000株もの紫陽花が咲くそうです。 のどかな田園地帯に囲まれた丘陵地にあり、ゆっくり楽しめる。 遊歩道が整備されていて、所々に丸太風の階段がある。 園内には池があり、色とり...

  •  0
  •  -

梅雨の夕景

 大阪北部で大きな地震がありました。被害に会われた方に御見舞申し上げます。 さて、梅雨に入ってほぼ二週間。梅雨の晴れ間に、海岸の夕景を撮りました。なかなか真っ赤な夕焼けになってくれませんが、ほんのり焼ける様子も綺麗です。 大阪湾の夕日。遙かに見える島影は淡路島。 日没後でもしばらく空は赤い。 海岸の堤防沿いにランタナの花が咲いていた。 空港から飛び立つ飛行機がテトラポットをかすめる。 この日は空に...

  •  0
  •  -

雨にけむる山寺

 牛滝山大威徳寺は岸和田市の山中にあり、紅葉の名所としても知られています。少し不便なところで、今の時期は何もありませんが、雨に濡れる新緑を見たくて行ってみました。 雨にけむる山中に大威徳寺がある。 誰もいない境内で、もみじの雫とお地蔵様が目についた。 境内の奥へ入ると、赤い多宝塔が静かに鎮座している。 朱塗りに新緑がよく似合う。 誰もいない山中のお寺、雨にけむる新緑。鬱蒼とした木々の間からしたたる...

  •  2
  •  -

照る青もみじ

 写真仲間と滋賀県大津市にある石山寺へ。この寺は西国三十三所第十三番札所にあたり、奈良時代の創建。紫式部が源氏物語を起筆したお寺でもあり、花の寺、紅葉の名所としても知られています。新緑を中心に撮りました。 境内のあちらこちらに青もみじ。紅葉とはまた違った風情がある。 赤い傘と緑が対照的だった。傘には木の影。 寺名の由来となった硅灰石の上に堂宇が建っている。 青もみじの一部に日が照ると、赤子の手のよ...

  •  0
  •  -

水辺の花菖蒲

No image

 毎年、堺市にある白鷺(しらさぎ)公園へ花菖蒲を撮りに行きます。5月下旬~6月中旬にかけて、公園内の水辺に咲き競う花菖蒲は、肥後系、江戸系、伊勢系など約200種、1万株といいます。白や紫、赤、ピンクなどの鮮やかな花が楚々として咲いていて、訪れる人の目を楽しませてくれます。 池や水路では花菖蒲が咲き競う。手入れも行き届いていて、無料開放なのでありがたい。 花菖蒲は種類が豊富。 その名の通り白鷺が生息。池の...

  •  2
  •  -

泉南花火大会

 関西空港島の対岸に位置する泉南市サザンビーチ。8月下旬ここで花火大会が行われました。この日はそれまでの猛暑が弱まって少し涼しく、海岸は気持ちよかったです。 サザンビーチではまだ明るいうちから大音響の音楽と光の乱舞。花火は午後8時20分に開始。 9時のフィナーレまで40分間の花火。ちょっともの足りない。 途中、花火アートを楽しむ。 露光間アウトフォーカスがどうだったかコツを忘れて、何が何だか・・・ サザ...

  •  6
  •  -

拾翠亭 百日紅

 数年ぶりに京都御苑の拾翠亭(しゅうすいてい)を訪ねてみました。江戸後期に建てられたと伝えられ、当時の五摂家の一つ九條家の別邸として使用されたとのこと。数寄屋風の書院造りの建物で、広縁から九條池を眺めると百日紅(さるすべり)の花が綺麗でした。 九條池の畔に建つ拾翠亭。百日紅の紅色が鮮やか。 建物の中に入ると、1階の広縁から九條池が眺められる。 二階からも百日紅の花が綺麗だった。 からからの天気の中...

  •  0
  •  -