布引の滝

 蒸し暑い日が続く時は、涼しい滝景色を。新神戸駅から徒歩5分で「布引の滝」を見ることができます。案外知られていませんが、華厳の滝、那智の滝と合わせて「日本三大神滝」と言われているそうです。日本の滝百選にも選ばれています。


布引の滝
 下流から雌滝、鼓滝、夫婦滝、雄滝と4つの滝の総称で布引の滝と呼ばれている。これは雌滝。


布引の滝
 雌滝の滝壺からダムのように流れ落ちる水流は、涼を誘う。


布引の滝
 そして上流にあるのが雄滝。確かに優雅な雌滝よりゴツゴツしたイメージ。


布引の滝
 滝壺近くの岩にとまったカワウが振り向く。


 華厳の滝や那智の滝のスケールには比べるべくもありませんが、神秘的な情景です。新幹線の駅から歩いてすぐ、こういう滝に出会えるのは素敵ですね。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

赤目四十八滝の新緑

 三重県名張市にある赤目四十八滝。渓谷沿いに凡そ4kmにわたって遊歩道があり、大小様々な滝と渓流の綺麗なところです。今の季節は新緑が美しく、渓流の水に映り込む緑は何とも言えません。


赤目四十八滝新緑
 渓谷沿いには滝がいっぱい。マイナスイオンを浴びてホッとする。写真は千手滝。


赤目四十八滝新緑
 やはり水面に映り込む新緑は素晴らしい。


赤目四十八滝新緑
 このような映り込みが随所に見られる。


赤目四十八滝新緑
 長秒撮影で少し遊んでみた。


赤目四十八滝新緑
 昼なお暗いところもあり、日差しが新緑を照らしだす。


 この日は天気が良かったので、かなり強い日差しが照りつけていました。少し曇っていた方がもう少し優しい雰囲気になったかも知れません。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

新緑萌える箕面の滝

 阪急箕面駅から滝道を登ると、箕面の滝(箕面大滝)。明治の森・箕面国定公園の中にあり、日本の滝百選にも選ばれている名瀑です。秋には紅葉の美しいこの地も、今は新緑に萌えています。


箕面の滝
 落差33mの滝はさすがの迫力。新緑が趣を添える。


箕面の滝
 水量も豊富で、水しぶきが激しくぶつかり合う。


箕面の滝
 近づいて、その雄姿にしばし見とれる。


箕面の滝
 激しく流れ落ちる水しぶきに、新緑が翻弄される。


箕面の滝
 水が岩に激突する瞬間、一条の光が射した。


 やっぱり見応えありました。迫力ですね。紅葉の時期ほども人が多くありませんが、それでも滝壺前の滝見台や赤い橋には常に人がいて、なかなか全体を撮れませんでした。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

箕面 滝道の新緑

 大阪府箕面市にある箕面の滝(みのおのたき)へ、写真教室の撮影会に行ってきました。大阪から約30分。阪急箕面駅から箕面の大滝まで続く、約2.7kmの渓流沿いの滝道は、この時期新緑がいっぱい。今回は滝道で出会った新緑です。


 箕面滝道の新緑
 滝道にはこんなもみじの新緑がいっぱい。秋にはこれが真っ赤に。


箕面滝道の新緑
 昼も日陰が多く、日が射すと新緑が輝く。


箕面滝道の新緑
 渓流の淵には、新緑がまぶしく反射する。


箕面滝道の新緑
 渓流沿いの草にも光が射して輝く。


箕面滝道の新緑
 スローシャッターにすると、渓流の水が雲の流れのように。


 撮影会ではシャッター速度優先で撮ること、という課題を与えられました。普段、絞り優先で撮っている身としては、なかなか慣れず悪戦苦闘。ファインダーで絞り数値の点滅を確認しながらの撮影でした。次回は箕面の大滝です。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

新緑の赤目四十八滝

 新緑の季節、赤目四十八滝へ行ってきました。近鉄赤目口駅からバスで10分ほど。写真仲間と滝を撮りながら渓流沿いを歩き、被写体が一杯でなかなか進まず。結局、時間が足りずにコースの3分の1ほどの千手滝までで引き返しました。


新緑の赤目四十八滝
 日本サンショウウオセンターから歩いてほどなく、不動滝(ふどうたき)に着く。ここしばらく雨が少ないせいか、滝の水量は少なめ。


新緑の赤目四十八滝
 滝のしぶきが周りの岩を濡らし、苔の緑が新鮮だ。


新緑の赤目四十八滝
 渓流沿いのゆるやかな坂道を登る。新緑が水面に映る。


新緑の赤目四十八滝
 かなり時間をかけて千手滝(せんじゅたき)に到着。手前に緑のもみじをぼかして、千手滝を撮る。


新緑の赤目四十八滝
 千手滝全容。やはり水量が少ないが、緑がきれい。


新緑の赤目四十八滝
 新緑の木々が逆さに映る。


新緑の赤目四十八滝


 この時期、新緑と滝、渓流が新鮮でいいですね。思いっきりマイナスイオンを浴び、清々しい気分でした。この日は雨の予報でしたが、晴れ間も出て雨に逢わずラッキーでした。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

大日滝の氷瀑

 赤目四十八滝の渓谷沿いの道から外れて、少し険しい山道を20分ほど登ると、大日滝(だいにちだき)があります。アイゼンがあれば最良でしたが持っていなかったので、日本サンショウウオセンターで荒縄を借りトレッキングシューズに巻き付けて登りました。さすがに誰もこの道を登ってくる人はいません。山道を登り切ると、ありました!全面氷瀑!!


大日滝
 山道を登り切ると、大日滝が。凍っている!落差30m、幅7mの氷瀑は圧巻。


大日滝
 滝壺から流れ出る水も殆ど凍結している。


大日滝
 滝が氷結しているとは言え、融けだした水が氷の間をサラサラとしたたり落ちる状況。


大日滝
 こんな状態の滝を見るのは初めて。つららが綺麗な造形美を形成。


大日滝
 融けだした水が小さな流れをつくる。


 当日は気温が低かったですが、風が殆ど吹いていなかったので、あまり寒さは感じませんでした。
 大日滝では1時間ほど撮影していました。誰も登って来ず、素晴らしい氷瀑を贅沢に独り占めできました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 冬の景色
ジャンル : 写真

厳冬の赤目四十八滝

 三重県名張市赤目町の渓谷にある赤目四十八滝(あかめしじゅうはちたき)。厳冬のこの時期、滝が凍ることも。先週、赤目四十八滝へ行ってきました。渓流に沿った道から見られる滝は一部凍っていましたが、全面氷結とまではいきませんでした。それでも道は所々凍結しており滑りやすい状態なので、千手滝(せんじゅたき)までで断念しました。


赤目
 不動滝は高さ15m、幅7mの名瀑。水量が多いせいか、滝自体は氷結していなかった。


赤目
 滝壺の周りは水しぶきが白く凍り付いていた。


赤目
 渓流に面した岩には、水しぶきが凍ってつららが下がっている。


赤目
 流れの淀みには、氷の結晶が成長している。


赤目
 複雑な形の岩を水が滑り落ちる。その美しい姿から千手滝と名付けられたそうな。


 日本サンショウウオセンターで聞くと、渓流の道から外れるが、不動滝と千手滝の間にある大日滝が全面氷瀑しているというので、行ってみることにしました。次回は大日滝の氷瀑です。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ

テーマ : 冬の景色
ジャンル : 写真

奥津渓

 写真教室からバスツアーで、奥津渓(おくつけい)へ行ってきました。岡山県苫田郡の吉井川上流にあり、花崗岩の峡谷を浸食してできた渓谷です。秋には紅葉が綺麗なところですが、巨石や渓流のある風光明媚なところで、今は新緑がなかなか良かったです。


130625奥津渓03
 渓谷の流れと新緑。前日に雨が降ったので、水量は豊富。左右の岩石を削り取ってできた渓谷です。


130625奥津渓04
 岩肌を縫う白い流れ。


130625奥津渓02
 岩石の割れ目に根を張り、逞しく生きる木。


130625奥津渓09
 渓流に新緑のもみじが綺麗でした。


130625奥津渓08
 岩に根を下ろして育つ草。流れの中にけなげです。


130625奥津渓05
 もみじの新緑。木漏れ日が当たって綺麗でした。


130625奥津渓07


 新大阪からの日帰りツアーだったので、往復にかかった6時間と昼食時間を除くと、撮影時間は正味2時間半ほど。あっという間に終了してしまいました。


テーマ : ■ 渓谷、滝、海、水のある風景 ■
ジャンル : 写真

プロフィール

harubotch

Author:harubotch
ご訪問ありがとうございます。
写真好きのおじさんです。
風景、スナップから花マクロまで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR