當麻寺の新緑と花

 當麻寺(その2)です。
 當麻寺では他にもいろんな花が咲いていて、また新緑もきれいでした。望遠レンズでマクロ風に撮ってみました。


4-130428もみじ新緑
 新緑のもみじと赤い花。花は梅雨時になると、小さなプロペラのような赤い実になります。


7-130428シャクナゲ
 境内のあちこちに咲いていたシャクナゲ。白、赤、ピンクなど華やかです。少し画像処理してボカしてみました。


10-130428スノーフレーク
 スノーフレークの花。“すずらん”に似ていますが、ヒガンバナ科の草花だそうです。花びらの先端に緑色の斑点があるのが特徴です。


 ゴールデンウイークに入り、各地の行楽地は混雑しているようです。今の時期は多くの種類の花が咲いていて、出かけるのが楽しくなりますね。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

奈良 當麻寺の牡丹

 奈良県葛城市にある當麻寺(たいまでら)の牡丹を撮ってきました。近鉄南大阪線当麻寺駅から歩いて約15分で着きます。

 當麻寺は1400年という長い歴史の中で、さまざまな変遷を繰り返しながら今に伝えられてきたとのこと。中将姫と當麻曼荼羅、弘法大師と曼荼羅の教えなど、いろんな逸話があるそうです。

 當麻寺はいくつかの堂塔伽藍からなっていて、そのうち奥院(おくのいん)を中心に撮影してきました。當麻寺の牡丹は、その殆どに白い傘がさしてあり、一種異様な雰囲気を醸しています。


130425當麻寺1
 白い傘は、日よけ?雨よけ? 所々破れているのは、ご愛敬。


130425當麻寺2
 ピンクの愛らしい花。牡丹は大ぶりの花なので、少し近づくだけで画面いっぱいに・・・


130425當麻寺3
 丁度今が見頃のようです。傘のおかげで直射日光が当たらず、やわらかい光で撮れます。


130425當麻寺4
 白と赤のまだらの牡丹。望遠で狙ってみました。


130425當麻寺5
 奥院阿弥陀堂の裏手にも牡丹が植えられています。火灯窓を背景に。


130425當麻寺6
 同じ場所で、赤い牡丹。


當麻寺ボタンa
 奥院浄土庭園にある宝池の水面に、傘が映り込んでいました。時々、コイが水面を乱します。


130425當麻寺9
 赤い牡丹と白い傘が対照的。


 當麻寺の牡丹は丁度いま見頃。最初、傘が煩わしいかなと思いましたが、却って趣があっていいなと感じました。牡丹の他にもシャクナゲやツツジなどが咲いていました。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

写真の遊び(1)露光間ズーム

 露光間ズームという技法を写真仲間から教えてもらったので、遊んでみました。といっても難しくありません。カメラでシャッターが開いてから閉じるまでの間(露光中)にズーミングするのです。この方法は例えば花畑のようにたくさんの花がある場合、そのうちの一つの花に視線を集中させるなどの効果があります。


 下の写真は、露光間ズームで撮ったものです。
奈良・長谷寺本堂の東側に、水子を供養するたくさんのお地蔵様が並んでいます。殆どが毛糸の赤い帽子を被せられている子供地蔵ですが、中に白い帽子のちょっと“ひねた”お顔のお地蔵様がありました。


130422遊び4
 2体のお地蔵様を中心にズーミング。“ひねた”お顔に視線を集中させることができました。
 EOS60D, EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM, ISO200, 絞り優先, ±0, f11, 1/30sec, 手持ち


 他にもいろいろ撮ってみました。

続きを読む

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

春色散歩道

 桜の時期も終わり、気づいてみると、散歩道にも春色満開です。散歩道で見つけた春色をお届けします。


130418散歩みち1
 近くの道の桜並木の根元に、フリージアとアマリリス?でしょうか。


130418散歩みち3
 近所にはまだまだ田舎風景があります。海が見えるレンゲ畑を見つけました。


130418散歩みち5
 珍しくありませんが、タンポポが道ばたのあちこちに咲いています。


130418散歩みち4
 竹林を背景に、黄色いカラシ菜の花です。


130418散歩みち6
 海の近くの公園に咲いていたチューリップ。ローアングルからアップで撮ってみました。


 桜の時期はまだ寒かったけど、ここ2〜3日、グッと気温が上がりました。明日からまた寒の戻りがありそうですが、もう春本番ですね。


テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

奈良 吉野の桜

 訳あって4月9日と12日の2回、奈良の吉野山へ行ってきました。今年の桜の開花は異様に早く、例年なら4月中旬頃満開なのに、9日の時点で下千本から上千本まで、かなり散っていました。遠目には咲いているように見えても、近くで見ると既に散っている状態です。

 吉野の桜はシロヤマザクラ。ソメイヨシノと違って、花が咲いている時に既に赤い葉が出ており、花が散ると赤っぽく目立ちます。9日と12日に撮った写真を織り交ぜてご紹介します。


120414吉野1
 総本山金峯山寺(きんぷせんじ)は役行者が開いたという。本堂(蔵王堂)へ行く手前に、仁王門があります。


120414吉野2
 金峯山寺から少し登ったところに吉水神社(よしみずじんじゃ)があります。ここは後醍醐天皇、源義経と静御前、豊臣秀吉(豊太閤)ゆかりの地。朝早く神社入り口を巫女さんが掃き清めていました。


120414吉野3
 9日の中千本。遠目には満開のように見えますが、よく見ると花が散った後の赤っぽい木が目立ちます。


120414吉野4
 お昼のひととき。後ろの枝垂れ桜は、葉桜に・・・


120414吉野8
 12日。桜がダメなら新緑で・・・。風があったので、モミジの葉をぶらして撮りました。
 EOS60D, EF70-200mmF4L USM, 絞り優先, ISO200, ±0, f32, 1/6sec, CPLフィルター, 三脚


130414吉野9
 上千本へ行く途中の坂道、ちょっとした土産物屋さんがあります。赤い傘が風情ありますね。


120414吉野5
 吉野らしい眺めの上千本。9日ですが、既に散った桜が多いです。


130414吉野13
 つづら折りの坂道は、桜の時期でも車が通る。あちこちにカーブミラーが付いています。12日。


120414吉野6
 青空を背景に・・・。うーん、もっと花が欲しい。9日の上千本。


120414吉野12
 12日。上千本から遠く金峯山寺を望む。


 何とか撮った吉野山の桜ですが、やはりもう少し咲いていて欲しかったですね。


テーマ :
ジャンル : 写真

京都 原谷苑の桜

 写真仲間と京都の原谷苑へ行ってきました。個人所有の桜庭園ということで、桜の時期だけ公開されているそうです。電車やバスでは行けないちょっと不便なところにあり、金閣寺前からタクシーということに。

 京都のお花見の穴場とのことですが、行った日(10日)は天気が良く、桜が満開ともあって、平日というのに大変な人出。なるほど原谷苑はすごくきれいでした。でも、ここは枝や花が入り乱れ、なかなか撮りにくいですね。

 帰りは近くの仁和寺へ寄り、御室の桜を撮ってきました。こちらも満開で、人も多かったです。


130412原谷苑1
 朝早いうちは空は薄曇り。白い空を背景に枝垂れ桜を明るめに撮ってみました。
 EOS60D, EF15-85mmF3.5-5.6 IS USM, 絞り優先, ISO200, +2.0, f8, 1/200sec, CPLフィルター


130412原谷苑2
 桜の淡いピンク、みつばつつじの濃いピンク、ユキヤナギの白、ヤマブキの黄色。原谷苑の色彩です。


130412原谷苑7
 ヤマブキの黄色を背景に、枝垂れ桜の先を撮る。


130412原谷苑3
 晴れてきたので、青空を背景に撮りました。こんな見事な枝垂れ桜が他にもいっぱい。


130412原谷苑6
 地面に敷かれた花見のござの上にハナミズキの影が・・・


130412原谷苑4
 華やかとしか言いようがない桜。


130412仁和寺1
 仁和寺に寄って帰りました。御室の桜が満開でした。


130412仁和寺2
 仁和寺金堂の格子窓と桜。ここの桜はちょっと行き過ぎかな。


 原谷苑も仁和寺も人が多くなかなか思うように撮れませんでしたが、いい天気に恵まれ最高でした。


テーマ :
ジャンル : 写真

写真の構図(1)邪魔ものは消せ

 桜の写真ばかりで、少々飽きたかもしれません。まだ今週も少し続きますが・・・ここでちょっと一息。

 写真の構図について。感性は人それぞれだから、自分がいいと思ったらそれでいいじゃんという方もいらっしゃると思います。それはそうです。でも、自分としては多くの人が、ああいいなと思う写真を目指してみたいのです。

 ものの本を見ると、主役(主題)を明確にする、写真は引き算、もう一歩被写体に近づく、など基本の他に、三分割法(黄金分割法)を用いる、日の丸構図は避ける、V字構図、S字構図、トンネル構図、などいろんなことが書いてあります。うーむ。で、一体どうすればいいんだ?具体的にさっぱり分からん!状態です。

 ここに一枚の写真があります。家の近くの夕景を撮ったもので、自分ではおこがましくも「おお、すばらしい!」と思った一枚です。海に浮かぶ漁船を主役にして、海面に反射した夕陽の光の筋に漁船が入った一瞬を捕らえました。そしてアクセントに右下の岩を配置しました。


130407夕陽1


 この写真を写真の先生に見てもらい、コメントしてもらいました。
すると・・・

続きを読む

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

和歌山城の花筏

 和歌山城へ行ってきました。桜は既にピークを過ぎているとは思いましたが、花びらが水面に落ちて、花筏になるのを撮りたかったので・・・

 和歌山城と言えば、紀州藩。八代将軍徳川吉宗が有名ですね。吉宗の財政改革(享保の改革)のエピソードに、江戸城大奥のリストラがあります。当時大奥には1000人の女性がいましたが、吉宗はそのうちとびきりの美女50人を集めさせました。何事かと期待に膨らむ美女達を前に、「お前達は器量よしだから、今後嫁ぎ先がいくらでもある」として解雇したそうな。

 ところで和歌山城にも大奥があったそうです。紀州藩は徳川御三家だから、大奥があっても不思議ではありません。和歌山城の大奥には400人の女性がいたそうですが、この女性達もリストラされたのでしょうか・・・


130406和歌山城1
 和歌山城の表門として建つ大手門と一の橋。堀には大きな錦鯉がいます。


130406和歌山城2
 一の橋欄干を別の角度から。ピークを過ぎているとは言え、桜がきれいです。


130406和歌山城3
 和歌山城の天守閣。この方向から見るのが一番きれいだという。


130406和歌山城7
 天守閣の窓と桜。


130406和歌山城4
 期間限定で堀を舟で回る「お堀クルーズ」があります。
 この日も堀から続く紅葉渓庭園の池まで観光舟が入ってきました。


130406和歌山城5
 撮ってみたかった花筏。紅葉渓庭園の池には、堀から流れてくる桜の散り花が浮かんでいます。
ほどよく流れもあり、シャッター速度を遅くして撮りました。思ったほどうまく撮れませんでしたが。
 EOS5D MarkⅡ, EF70-200mmF4L USM, 絞り優先, ISO100, -1.0, f32, 1.6sec, CPLフィルター, 三脚


130406和歌山城6
 場所を変えて何枚か撮りました。うーん、難しいですね。なめらかな軌跡を描いてくれません。
 EOS5D MarkⅡ, EF70-200mmF4L USM & Extender1.4×, 絞り優先, ISO100, -1.0, f45, 3.2sec, CPLフィルター, 三脚


 ちょっとお遊びを加えて、和歌山城の散りゆく桜を撮ってみました。なんだかリストラされる大奥の女性たちのようで、少し寂しさを覚えました。


テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

奈良 長谷寺

 一昨日、奈良の長谷寺へ行ってきました。長谷寺は西国三十三所第八番札所として、また花の御寺としても有名ですね。桜は寺全体として7〜8分咲き、枝垂れ桜は丁度見ごろの感じでした。長谷寺の静かな雰囲気が伝わればいいなと思います。


130403長谷寺1
 長谷寺入り口の階段。丁度お坊さんが階段を上っていくところでした。


130403長谷寺2
 本堂の中から。静かな山里のお寺という雰囲気です。


130403長谷寺3
 定番撮影場所です。でも今は五重塔のすぐ右横に改修工事している建物があり、灯明で隠すのが精一杯。


130403長谷寺5
 五重塔に桜を絡めて。


130403長谷寺7
 本坊(大講堂)から見える枝垂れ桜。背景に本堂を入れてみる。


130403長谷寺8
 同じ場所から、本堂が桜の間から見えるように・・・


130403長谷寺9
 宗宝蔵の赤い屋根と桜。


130403長谷寺11
 長谷寺入り口の参道。みやげ物店が並ぶ。人がいなくなるのを待って撮りました。


 長谷寺の拝観開始時間から撮影していました。もちろん途中から人が多くなりましたが、なんとか撮影できました。本当はもっとお坊さんを撮りたかったのですが・・・


テーマ : お寺・神社
ジャンル : 写真

プロフィール

harubotch

Author:harubotch
ご訪問ありがとうございます。
写真好きのおじさんです。
風景、スナップから花マクロまで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR