岸和田 港まつりの花火

 7月27日(土)は岸和田で港まつり花火大会がありました。南海本線岸和田駅から歩いて約35分、始まる1時間以上前に阪南港の岸壁広場に陣取り。午後8時から9時まで花火が打ち上げられました。周りは浴衣姿のカップルと親子連れがひしめく中、男一人が三脚を立て、無言でシャッターを切るのは、ちょっと異様。でも、花火は1,500発、人出は3万人と小規模な花火大会なので、撮影しやすかったです。


花火01
 まずは普通に撮ってみる。バルブ撮影なので、花火の中心が画面に入るかどうかは勘と運まかせ。
 EOS60D, EF15-85mmF3.5-5.6 IS USM, ISO100, bulb, f16, 4sec, 三脚


花火04
 宇宙の画像のようで、神秘的です。
 EOS60D, EF55-250mmF4-5.6 ISⅡ, ISO100, bulb, f11, 4sec, 三脚


花火08
 これこれ、実はこういうのを撮りたかったんです。露光間デフォーカス(アウトフォーカス)と言うのでしょうか。バルブ撮影中、花火がドンと開いてからピントをぼかす。すると、光跡が途中から風船のように膨らんだ画像になるのです。でも、このタイミングがむずかしい。
 EOS60D, EF55-250mmF4-5.6 ISⅡ, ISO100, bulb, f16, 3sec, 三脚


花火02
 タイミングや花火の色、種類によっては、ぼかしがあまり目立ちません。試行錯誤の連続で、失敗写真のオンパレード。
 EOS60D, EF55-250mmF4-5.6 ISⅡ, ISO100, bulb, f11, 3sec, 三脚


花火05
 うーむ、ぼけ方はいい感じなのですが、なかなか中心が画面に入らないですね。
 EOS60D, EF55-250mmF4-5.6 ISⅡ, ISO100, bulb, f11, 6sec, 三脚


花火03
 おお、なかなかいいかも。やっと中心が入りました。全くの偶然の産物です。
 EOS60D, EF55-250mmF4-5.6 ISⅡ, ISO100, bulb, f11, 4sec, 三脚


花火06
 うーん、ピントが合っているのか、ぼけているのか?
 EOS60D, EF55-250mmF4-5.6 ISⅡ, ISO100, bulb, f16, 2sec, 三脚


 前述のように今回はバルブ撮影。手動で3〜5秒シャッターを押しているのですが、その間はファインダー画像は見えないし、途中でピントリングを回さなければならない。また、この撮影法では1回写す毎にピントを合わせ直さねばならない。これがまた結構面倒。暗い夜空ではAFが効かないし、目分量で合わせると微妙にぼけている。

 撮っている最中、ピントリングをどちらに回すのか分からなくなり、リングを反対に回そうとしたり、ピントを合わせ直すのを忘れてピンぼけのまま撮ったり、あげくに急に雨がザーッと降ってきて、傘はどこだ、ビニール袋はどこだ、と大わらわ。撮った写真は、非常に歩留まりの悪い撮影でした。ふうーっ。

 次回は花火のアートです。


テーマ : 花火
ジャンル : 写真

夏休みのぴちぴちビーチ

 夏休みを楽しみにしていた学生や子供たちも多いことでしょう。以前ご紹介した、大阪府南部のせんなん里海公園には、“ぴちぴちビーチ” や “ときめきビーチ” という海水浴場があります。今回は夏休みに入ったぴちぴちビーチの様子をご紹介しましょう。


ピチピチビーチ03
 ちょうど人がいない時。の〜んびりして、なんだか監視員がテントで昼寝でもしているような・・・


ピチピチビーチ04
 この日も天気が良く、少し雲があったけど青空がまぶしかった。


ピチピチビーチ01
 これから準備するのか、パラソルが一本・・・


ピチピチビーチ02
 貸し浮き輪屋さん。ビーチボールや風船がいっぱいです。


ピチピチビーチ06
 貸し浮き輪屋さんには、浮き輪の他にボートも揃っています。


ピチピチビーチ05
 綺麗なお姉さんが二人通り過ぎました。


ピチピチビーチ07
 おっと、ちゃんと監視員がいたんですね。よかった。


 平日の朝だったためか、それほど海水浴客が多くありませんでした。
 でも、晴れた土日にはきっとすごいことに・・・


テーマ : 海のある風景
ジャンル : 写真

万博公園のハス

 先週海の日、万博公園へハスを撮りに行っていました。7月の金・土・日・祝日は早朝関蓮会&象鼻杯で、朝6時より開園しています。朝8時に日本庭園のハス池に着いた時には、既に大勢の人が三脚を並べて撮っていました。この日は生憎の雨模様で、時折激しく降るひと幕も。ハスはたくさん咲いていましたが、まだまだつぼみも多かったです。


万博公園ハス
 「相合い傘」


万博公園ハス
 「ひと休み」


万博公園ハス
 「雨中のダンス」


万博公園ハス
 「花の雫(しずく)」


万博公園ハス
 「バレリーナ」


万博公園ハス
 「雨宿り」


万博公園ハス
 「花びらの小舟」


万博公園ハス
 「姉妹」


万博公園ハス
 「こっち向いて」


 ちょっと気取ってタイトルを付けてみましたが・・・
 うーん、タイトルって難しいですね。




テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

勝尾寺 勝ちダルマのズーミング

 勝尾寺のダルマさん(その2)です。今回の撮影実習の課題の一つは、ズーミングです。以前ご紹介した「露光間ズーム」を使って、勝ちダルマを撮影しました。

 本堂へ通じる階段を登ったところに、勝ちダルマ奉納所があり、願が叶って目を入れた「勝ちダルマ」が棚いっぱいに奉納されています。この勝ちダルマをズーミングしました。今回は三脚を使用したので、遅めのシャッター速度1〜2秒の条件で撮りました。


勝ちダルマ
 奉納棚の様子。願が叶ったダルマがところ狭しと奉納されています。


勝ちダルマ
 まずはダルマさんの「勝」という字を中心にズーミング。ダルマさんがいくつにも分身したように見えて面白いです。


勝ちダルマ
 今度はダルマさんの目を中心にズーミング。ちょっと迫力出たかな?


勝ちダルマ
 カメラの方を回して・・・らせん状に・・・って、面白くないか。


おみくじダルマ
 こちらは、おみくじダルマ。ブンシーン!!


 以上、ちょっとしたお遊びでした。


テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

勝尾寺のダルマさん

 写真教室の実習で、大阪府箕面市にある勝尾寺(かつおうじ)へ行ってきました。

 ここは西国三十三所の第二十三番札所であり、また勝運の寺としても知られています。車でないと不便なところですが、春は桜、夏はあじさい、秋は紅葉と四季を通じて見どころがあります。

 勝ちダルマも有名で、小さなダルマのおみくじが人気です。おみくじを引いた後のダルマが、境内のあちこちに置かれてあり、ちょっと異様な雰囲気ですが、かわいくて楽しくなります。今回はダルマさんの特集です。


勝尾寺山門
 まずは絵はがき的に。勝尾寺の山門です。


勝尾寺ダルマ
 山門を入ると、参道のあちこちにダルマが置いてあります。ひとつひとつ顔が違うんですね。


勝尾寺ダルマ
 奥へ入っていくと、観音池という小さな池があります。ダルマが水面に映り込んでいます。


勝尾寺ダルマ
 岩間から大勢が覗いています。右上奥のダルマが、なんともとぼけた顔で、かわいいです。


勝尾寺ダルマ
 満員御礼。マンションが超満杯です。


勝尾寺ダルマ
 本堂横の縁側にも、ずらりと・・・


勝尾寺ダルマ
 灯籠にも。とぼけた顔がひとつ、こちらを向いています。


勝尾寺ダルマ
 多宝塔を背景に、石段から。


 猛暑にもかかわらず、おもしろさに夢中になってしまい、つい帰りの集合時間に遅れそうになった一日でした。

テーマ : 神社・寺の写真
ジャンル : 写真

草津市立水生植物公園みずの森

 写真仲間と滋賀県の草津市立水生植物公園みずの森へ行ってきました。烏丸半島の一角に位置するみずの森は、三方を琵琶湖に囲まれ、水辺に咲く四季の花々を観賞できます。夏はハスや睡蓮が咲き誇るのですが、ちょっと時期が早かったのか、花は少なめでした。


みずの森04
 琵琶湖に面したハスの群生地。時期が早かったのか、ハスの花はまばら。


みずの森01
 強烈な夏の光を受けて、花が影を落としていました。影が小鳥のようにも見えます。


みずの森10
 葉の裏側。葉脈がくっきりと。


みずの森18
 トンボはハスのつぼみが好きですね。


みずの森17
 ハスのかくれんぼ。開きかけの花と小さなつぼみが、葉っぱでかくれんぼしているようです。


みずの森03
 トンボをもう一枚。水辺の枯れ茎にとまっていました。水面のきらめきが綺麗でした。


みずの森02
 ハスの花の映り込みです。


みずの森16
 水草の上に木漏れ日が落ち、斑点模様に・・・


みずの森08
 こちらは睡蓮の花の映り込み。


みずの森15
 鉢植えのハスをシルエットに、風力発電用のプロペラを狙ってみました。


 数日来の猛暑。木陰がなく、2時間も撮影するとバテました。今回のテーマは「広角の表現」でしたが、じっくり考える余裕もなく、頭からふっ飛んでいました。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

田んぼの夕映え

 6月には近所の殆どの田んぼで田植えを終え、蛙の鳴き声が聞こえてきます。この時期、稲の苗はまだそれほど伸びず、水面が空を映しています。そんな中で先日、夕映えを撮ってきました。近所にはまだこんな風景があったんだ、と改めて田舎を実感しました。


夕景01
 梅雨が明けていないので、不安定な天候が続いています。この日はたまたま刷毛で掃いたような雲の模様に。

夕景02
 赤く夕焼けが始まりました。鉄塔のシルエットが印象的。


夕景03
 水面に夕陽が反射しています。町並みのシルエットと田んぼが対照的です。


夕景04
 夕陽が沈みます。水面が赤く染まっていました。


夕景05
 夕陽が沈んだ後、空も田んぼも茜色に・・・


夕景06
 側道の赤信号。


夕景07
 やがて夜の帳がおり、カラスも蛙も眠りにつきます・・・


 梅雨の時期、なかなかきれいな夕焼けが出てくれません。ようやく夕陽が撮れました。本当は棚田の夕映えを撮ってみたかったのですが、近くで適当な場所を知らなくて。


テーマ : 夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け
ジャンル : 写真

写真の構図(2)半々はいけません

 写真の構図、その2です。

 写真を撮れば撮るほど、写真の構図ってむずかしいなと思います。以前にも書きましたが、感性は人それぞれ。でも、自分としては多くの人が、ああいいなと思う写真を目指してみたいと思うのです。では多くの人がいいなと思う写真ってどんな写真なんでしょう?

 ちょっと季節外れですが、次の2枚の写真をご覧下さい。


竹と桜1
写真(1) 服部緑地で写したもの。桜を主役にして、手前に竹を配置しています。
      右上に新緑の竹の葉も入れて、主題として春の日本的風情を表現しました。


藤1
写真(2) 春日大社の砂ずりの藤です。朱塗りの建物を背景に、房が垂れる藤を写しました。
      主題は古都の藤の華やかさです。


 もちろん2枚とも自分で「いいな」と思うように構図を決めており、自分では「おお、よく撮れた、むふふ・・」と思った自己満足作品です。

 さて、皆さんはこれら2枚の写真について、どう思われますか?
 例によって写真教室の先生に見せて、コメントを仰ぎました。

 すると・・・


続きを読む

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

プロフィール

harubotch

Author:harubotch
ご訪問ありがとうございます。
写真好きのおじさんです。
風景、スナップから花マクロまで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR