新緑の赤目四十八滝

 新緑の季節、赤目四十八滝へ行ってきました。近鉄赤目口駅からバスで10分ほど。写真仲間と滝を撮りながら渓流沿いを歩き、被写体が一杯でなかなか進まず。結局、時間が足りずにコースの3分の1ほどの千手滝までで引き返しました。


新緑の赤目四十八滝
 日本サンショウウオセンターから歩いてほどなく、不動滝(ふどうたき)に着く。ここしばらく雨が少ないせいか、滝の水量は少なめ。


新緑の赤目四十八滝
 滝のしぶきが周りの岩を濡らし、苔の緑が新鮮だ。


新緑の赤目四十八滝
 渓流沿いのゆるやかな坂道を登る。新緑が水面に映る。


新緑の赤目四十八滝
 かなり時間をかけて千手滝(せんじゅたき)に到着。手前に緑のもみじをぼかして、千手滝を撮る。


新緑の赤目四十八滝
 千手滝全容。やはり水量が少ないが、緑がきれい。


新緑の赤目四十八滝
 新緑の木々が逆さに映る。


新緑の赤目四十八滝


 この時期、新緑と滝、渓流が新鮮でいいですね。思いっきりマイナスイオンを浴び、清々しい気分でした。この日は雨の予報でしたが、晴れ間も出て雨に逢わずラッキーでした。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

花咲ファームの胡蝶蘭

 大阪府泉南市の花咲ファームに、胡蝶蘭(こちょうらん)が自由に見学できる温室ハウス 「ねば〜らんど」 があります。この温室では専門家から見習いまで、様々なスタッフがこだわりを持って胡蝶蘭を育てています。


花咲ファーム胡蝶蘭温室
 温室の中は2万株の胡蝶蘭が育てられていて、圧倒される。洗濯ばさみで茎が支柱に固定されている。


花咲ファーム胡蝶蘭温室
 どちらを向いても、きれいな胡蝶蘭。


花咲ファーム胡蝶蘭温室
 ところ狭しと並べられている。もちろん出荷販売用なので、萎れた花は全く無い。


花咲ファーム胡蝶蘭温室
 窓から差し込む夕陽を受けると、ちょっと魅惑的。


花咲ファーム胡蝶蘭温室
 <おまけ> 温室の中の一角にあった鉢植えの“ウサギ苔”。かわいいので思わず撮ってしまった。


 場所は花咲ファームのイングリッシュローズガーデンから、更に奥へ入った山あい。胡蝶蘭について質問すると、スタッフが丁寧に教えてくれます。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

旧堺燈台

 堺港を撮る撮影会に参加しました。大阪府堺市の堺旧港南波止場に、六角形の白い燈台があります。明治10年に築造されたそうですが、港周辺の埋め立てが進み、役割を終えたあと、堺のシンボルの一つとして保存されています。現存する日本最古の木造洋式燈台として国指定史跡になっています。

 
堺旧港
 堺旧港。この日は快晴で、太陽がまぶしかった。ホワイトバランスを白熱電球にし、ローキーで撮る。


堺旧港
 水面に太陽が映り込む。湾の中にはヨットがところ狭しと繋がれている。


旧堺燈台
 阪神高速湾岸線の大浜ランプのすぐそばに、その燈台がある。マニュアル露出で思いっきりローキーにしてシルエットに。 ISO100, 1/1000, f22


旧堺燈台
 レンズを替えると、太陽の光芒の形が変わる。午後の日差しなのに、まるで星空のよう。


堺旧港
 海面の波がキラキラと光る。


 今回の撮影会ではホワイトバランスを白熱電球に変え、マニュアル露出のローキーで撮る方法を教わりました。ちょっと暗いけど、案外雰囲気が出ていいなと思いました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

大阪 中之島バラ園

 都会のバラを撮りたくて、秋に引き続き大阪中之島のバラ園へ行ってきました。淀屋橋から東へ徒歩約10分。近くに大阪市役所や中之島公会堂があり、周りにはビルや橋、高速道路などが見え、都会の中心にあるバラ園です。


中之島バラ園
 バラとビルなどの人工物は、案外マッチしてかっこいいなと思う。


中之島バラ園
 バラのアーチの下でひと休みするのも乙なもの。


中之島バラ園
 赤いバラが青空に映える。背景はバラ園橋(ばらぞのばし)。


中之島バラ園
 ビルとバラが競い合う。


中之島バラ園
 同ビルを背景に、赤いバラとイス&テーブル。


中之島バラ園
 赤いバラのアーチ。


 秋バラとはまた違って、華やか。中之島のバラはここでしか味わえない、都会のかっこよさがあります。背の高いビルに惹かれ、同じビルを何度も撮ってしまいましたが、川を行き来する水上バスや街灯と絡めて撮るのもいいですね。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

あべのハルカスからの夕景

 大阪市阿倍野区に新しくお目見えした 「あべのハルカス」。地上60階建て、高さ300mの日本で最も高い超高層ビル。近鉄阿倍野橋駅のステーションターミナルが建て替えられたもので、百貨店、ホテル、オフィスの他、美術館なども入っています。最上階からの夕景を撮りたかったので、その展望台へ昇りました。


あべのハルカス
 あべのハルカスを下から見上げる。さすがの迫力。


あべのハルカス
 西日に輝く建物のすぐそばに、高さを競うように月が出ていた。


あべのハルカス夕景
 エレベータで最上階(60階)の展望台へ。ちょうど日没に間に合った。遠くの方は少し霞んでいる。


あべのハルカス夕景
 この時期、海ではなく六甲山に日が沈む。


あべのハルカス夕景
 日没後の西の方角。あちこちのイルミネーションが輝き出す薄暮の頃も綺麗。


あべのハルカス夕景
 日没後は人が減少。窓枠の一つひとつにカップルが・・・と思ったら、真ん中の男女が別々の窓枠にいるのが気になった。


 展望台に上るエレベータは16階で一旦乗り継ぎですが、そこから一気に上昇、あっという間に60階に到着でした。展望台から撮る風景は、まるで航空写真のよう。少々高いビルでも遙か下に見えました。日没後の薄暮の頃も素敵です。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

生活感漂う阪堺沿線

 がらりと雰囲気が変わります。大阪市内と堺市内を2路線で結ぶ阪堺電車。前回は大和川を渡る路面電車をご紹介しました。今回は沿線の天下茶屋(てんがちゃや)周辺で生活感漂う街風景のスナップです。

 因みに「天下茶屋」とは珍しい地名ですが・・・その昔、豊臣秀吉が堺へ行き来する途中、この地に立ち寄って茶の湯を楽しんだことから「殿下茶屋(天下茶屋)」と呼ばれるようになったという。


天下茶屋周辺
 阪堺電車上町線の東天下茶屋駅で降りてすぐの踏み切り。向こうにあべのハルカスが見える。1両編成の電車が通り過ぎた後、狭い踏み切りを人や自転車が行き交う。


天下茶屋周辺
 カーブミラーに映った家の玄関。よく見ると、窓の周囲に緑色のネットが張られている。ゴーヤやあさがおを日除けにするのだろうか。


天下茶屋周辺
 阪堺電車の駅。線路に伸びた草が、長く生活を支えてきた歴史を感じさせる。


天下茶屋周辺
 駅で電車に乗り込む人。1両編成の電車は周辺で住む人の生活の足と成っている。


天下茶屋周辺
 向こうから電車が迫り来る中、踏み切りを自転車の女性が急ぐ。


天下茶屋周辺
 古く、さびれた商店街。アーケードは半ば朽ち、シャッターの降りた店が目立つ。それでも人が生活する気配。


天下茶屋周辺
 商店街の中に、子供の乗るコイン遊具があった。手書きで20円と書かれた料金、靴が当たる部分の塗料が剥げ、遊具の年代を感じさせる。


 都会の中心でもなく、かといって田舎でもない。思いっきり下町を感じさせてくれる天下茶屋周辺。往年の栄えた頃から、いつしかさびれていくけれど、沿線に住む人々の逞しい生活感が漂っていました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

ふじの寺 子安地蔵寺

 和歌山県橋本市にある子安地蔵寺(こやすじぞうじ)。関西花の寺第24番札所で、藤の寺として知られています。南海高野線御幸辻(みゆきつじ)駅から徒歩30分、ちょっと不便なところです。連休後半に行ってきました。ピークは少し過ぎていたものの、まだまだ綺麗な藤でした。


子安地蔵の藤
 拝観受付を済ませて門を入ると、長い房を垂れる藤棚が迎えてくれる。


子安地蔵の藤
 見上げると見事な藤のシャワー。


子安地蔵の藤
 この寺では、ピンクの花の藤が優しい雰囲気を醸している。


子安地蔵の藤
 つつじの花の季節とも重なって、藤とつつじのコラボレーション。


子安地蔵の藤
 藤の紫とつつじの赤が対照的。


子安地蔵の藤
 本堂横に咲く藤。五色の幕が彩りを添える。


子安地蔵の藤
 長く垂れた房が、お地蔵様の日よけになっていた。


 境内の庭園には藤が沢山あり、あたりは芳香がたちこめ、ハナバチがブンブン飛んでいました。丁度この日、藤むすめの撮影会が実施されていました。今年で6代目藤むすめだそうで、皆さん熱心に撮影されていましたョ。私はちょっと人物は苦手なので割愛させて頂きました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

テーマ : 季節の花
ジャンル : 写真

錦織公園のつつじ

 大阪府富田林市にある錦織公園(にしこおりこうえん)。羽曳野丘陵の南端に位置し、広い面積で自然の地形を生かした公園になっています。南海高野線の金剛駅で降りて徒歩約30分。園内の「河内の里」というところに、つつじの群落が見られます。


錦織公園つつじ
 「河内の里」のつつじの丘。広い丘につつじが一杯。


錦織公園つつじ
 くねくねと曲がった通路を歩くと、つつじが目を楽しませてくれる。


錦織公園つつじ
 キリシマツツジ、クルメツツジ、レンゲツツジなど8種類のつつじがあるという。


錦織公園つつじ
 大きく起伏する丘。連休中は人が多かったことだろう。


錦織公園つつじ
 青空を背に、大きく枝を広げる木が気持ちいいが・・・


 まだ咲いていないつつじと、既にピークを過ぎたつつじがあり、種類が豊富なだけにいつが見頃か判断に迷うところ。5月初旬のこの日、まだちょっと早かったかも知れませんが、これくらいが見頃かも。それにしても青空でいい天気なのに、木々からぶら下がっている毛虫には閉口しました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

テーマ : 季節の花
ジャンル : 写真

大阪 高槻市 芥川のこいのぼり

 大阪府高槻市を流れる芥川(あくたがわ)に、こいのぼりが泳いでいます。子供たちの健康を願って、毎年「こいのぼりフェスタ1000」というイベントが催され、今年は4月23日から5月6日まで掲揚されています。先日、テレビで紹介されていたので行ってみました。混雑を避けて平日の撮影です。


高槻市こいのぼり
 川の両岸に渡されたロープに沿ってこいのぼりが泳ぐ。


高槻市こいのぼり
 青空を背景に、整然と泳ぐ様子は壮観。


高槻市こいのぼり
 すこし風が乱れると、ロープに絡みついたり、てんでんバラバラに。


高槻市こいのぼり
 色とりどりのこいのぼり。子供たちの健康を願って。


高槻市こいのぼり
 地面で泳ぐ影がまた面白かった。


高槻市こいのぼり
 ハナミズキが綺麗に咲いていた。


 この日は青空に適度に風があって絶好でした。色とりどりのこいのぼり凡そ1000匹が、元気よく泳ぐ様を見ると、大人でも嬉しくなりますね。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

テーマ : 季節の風景
ジャンル : 写真

プロフィール

harubotch

Author:harubotch
ご訪問ありがとうございます。
写真好きのおじさんです。
風景、スナップから花マクロまで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR