2014年12月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート

四季フォトノート

Archive2014年12月 1/1

冬の万博公園2

 暮れも押し迫り、皆様如何お過ごしでしょうか。 冬の万博公園、続きです。 葉っぱが枯れ落ちた木のシルエット。午後の弱い光が木の間から漏れる。 真っ赤に紅葉したハゼの木。背景はススキの穂。 サザンカが冬の青空に映える。 枝垂れるサザンカ。趣がある。 竹林に赤いナンテンの実。 陰っていた竹林のナンテンに、突然日が射した。 寒々とした冬の景色ですが、晴れているせいもあって竹林のナンテンが印象的でした。ち...

  •  6
  •  -

冬の万博公園1

 大阪府吹田市にある万博公園。12月中旬は丁度秋から冬枯れの景色に変わる時期。訪れる人は少ないのですが、私はここの冬枯れの景色が好きです。特にもみの池周辺の景色がいいなと思います。 もみの池。メタセコイヤの木が落葉し、池面には落ち葉がいっぱい。 青空にメタセコイヤの紅葉がまぶしい。 そして池面には映り込み。ときおり鯉が波紋をつくる。 対岸に回ってみると、雲に隠れた太陽と、木のシルエットが映り、寂しさ...

  •  0
  •  -

ウインター イルミネーション

 この時期、イルミネーションがあちこち賑やかです。大阪のなんばパークスでは、 “なんば光旅” と称するウインターイルミネーションが綺麗。去年に引き続き、今年も行ってみました。多重合成、ズーミングなどで撮ってみました。 なんばパークス屋上に設けられたイルミネーションのステージ。去年はイルカや音符、ハートマークなどがあったが、今年は雪と氷の世界を表現したようだ。 今年も滝を撮ってみた。あれぇ、撮り方が去年...

  •  0
  •  -

クリスマス イルミネーション

 年末の慌ただしい時期に衆議院選挙が行われ、与党圧勝で勝敗がついたようです。そんな時期、都会に出てみると、どこもかしこもクリスマス一色。大阪御堂筋の一角で出会ったクリスマスイルミネーションです。 あるお店のショーウインドウ。ガラスに描かれた白いクリスマスツリーの背後に、色とりどりの光。 じっと見つめていると、心がホンワカ温かくなる。 ツリーには “Merry Christmas” の文字。子供でなくとも嬉しくなる。...

  •  2
  •  -

晩秋 和歌山城

 12月に入り、冷たい雨の降る日に和歌山城公園へ行ってみました。既に晩秋から初冬の季節となり、雨降る天候と相まって、少しさびしい雰囲気に包まれていました。 紅葉渓庭園(もみじだにていえん)の濡れた石畳に、モミジの葉が張り付く。 木橋の欄干にも赤や黄色の葉が張り付いていた。 少し色あせた紅葉が雨に濡れる。 裏門付近のイチョウの公園。雨が降るぬかるみを、老夫婦がゆっくり通り過ぎていった。 夫婦が去った後...

  •  2
  •  -

牛滝山 大威徳寺の紅葉

 12月に入り、急に真冬のように寒くなり、紅葉の時期が過ぎてしまいましたが、もう少しお付き合い下さい。 大阪府岸和田市大沢町にある大威徳寺(だいいとくじ)は、牛滝山(うしたきさん)の山中にあり、紅葉が綺麗です。11月下旬に訪ねてみました。周りは山に囲まれ、南海電鉄岸和田駅からバスで50分もかかる辺鄙なところです。その分、紅葉が綺麗でした。 さすがに牛滝山。鮮やかな紅葉に圧倒される。 大威徳寺の塀の屋根に...

  •  0
  •  -

圓光寺の紅葉

 急に真冬のように寒くなりました。紅葉の写真はもうしばらく続きます。前回の修学院離宮の帰り、京都市左京区一乗寺にある圓光寺へ立ち寄りました。ここも紅葉で有名なお寺。臨済宗南禅寺派の禅寺で、開基は徳川家康。慶長6年(1601年)、家康が国内教学の発展を図るため伏見に圓光寺を建立し、その後現在の地に移転されたとのこと。 圓光寺の山門を入り、更に中門を抜けると、十牛(じゅうぎゅう)の庭がある。苔と紅葉、散り...

  •  0
  •  -