曼珠沙華咲く葛城古道

 奈良県御所(ごせ)市の葛城古道(かつらぎこどう)を歩きました。一言主神社(ひとことぬしじんじゃ)から九品寺(くほんじ)までの2km弱。この時期、収穫前に色づいた稲穂を背景に、曼珠沙華の花が咲いてきれいです。例年なら丁度真っ赤に咲いている時期ですが、今年は咲くのが早く、既に白っぽくなり始めていました。


葛城古道の曼珠沙華
 一言主神社近くの田園風景。あぜ道に咲く曼珠沙華が赤い帯をつくる。


葛城古道の曼珠沙華
 少し白っぽくなった花が目立つ。


葛城古道の曼珠沙華
 赤い帯があちこちの棚田の段を区切る。


葛城古道の曼珠沙華
 九品寺までの葛城古道。民家の軒先にも赤い花が彩る。


葛城古道の曼珠沙華
 竹藪を背景に鮮やかに彩る曼珠沙華が印象的だった。


 当日朝早くに雨が降ったのですが、撮影中は全く降らず。でも、その分蒸し暑い一日でした。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

曼珠沙華の頃

 曼珠沙華(彼岸花)の咲く季節。秋も徐々に深まる頃、物影でそっと咲く花がきれいです。今回もマクロレンズでグッと寄ってみました。


曼珠沙華
 ひげのようなシベのカールがきれい。


曼珠沙華
 ヒゲにグッと寄ってみた。


曼珠沙華
 ヒゲの先端。このようなシベの集まりの中には、必ず1本は胞がないのがある。


曼珠沙華
 雨降り後は水滴が残っていた。水滴の中の像がいまいち。


 マクロシリーズは今回でおしまいです。お付き合いありがとうございました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

クモの糸の五線譜

 マクロレンズでクモの巣を撮ってみました。日に照らされて虹色にキラキラ輝くのがとてもきれいです。クモの糸の五線譜で音符♪が踊っているように感じます。


クモの巣
 クモの巣に朝日が差し込み、キラキラと輝く。


クモの巣
 少し角度を変えると、微妙に表情が変わる。ハープの弦からメロディーが奏でられているようだ。


クモの巣
 まるで五線譜のよう。


クモの巣
 五線譜から虹色の音符が飛び出す。


クモの巣
 こちらは弦楽器の弦のような・・・


 クモの巣は、角度を少し変えるだけで表情が変わります。思ってもみない画像が得られ、意外性があって面白いですね。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

虫のささやき

 このところの涼しさは、もう秋本番ですね。いろんな虫を見かけます。先日、京都府立植物園で見つけた虫たちの表情です。何かささやいているのが聞こえてきそうです。


アゲハチョウ
 アゲハチョウ・・・「ネコノヒゲの蜜はおいしいけど、このヒゲがじゃまだなあ」


ショウリョウバッタ
 ショウリョウバッタ・・・「ふぅ、食った食った。まだまだ食べるぞお。げっぷ」


赤トンボ
 赤トンボ・・・「ポートレート撮ってくれるなら、足を組んだポーズどぉ? うまく撮ってね」


ツユムシ
 ツユムシ・・・「この花びらの穴? そうさ、おいらが食いちぎったんだよ。何だよ、文句あっか?」


 虫の身になって、ささやきの内容を考えるのもまた面白いですね。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

植物園の花 マクロフォト

 京都府立植物園でマクロ撮影会に参加。今の時期、目立った花は咲いていませんが、人が少なく撮りやすかったです。草花中心に撮影しました。


植物園マクロ
 白い彼岸花が咲いていた。ピントをどこに合わせるか難しい被写体。取りあえずシベにピント。


植物園マクロ
 木漏れ日を背景にもう一枚。表情がガラリと変わる。


植物園マクロ
 紫色の花。シベの周りにヒゲのようなものが。


植物園マクロ
 ちょっと珍しいシベの形。これって雄しべ?雌しべ?


植物園マクロ
 木漏れ日を背景にシクラメン。


 マクロ撮影は慣れると三脚を使わず、体を微妙に前後させながら連写するんですね。木漏れ日を背景に草花をマクロ撮影するのは大変。腹ばいになったり、低い姿勢でグッと息をころす。なかなかうまく行かず、悪戦苦闘です。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

岩湧寺 秋海棠の境内

 台風18号の大雨の影響で、茨城県、栃木県の鬼怒川流域では大変なことになっているようですね。被害に遭われた方に御見舞申し上げます。

 さて、前回に引き続き、岩湧寺(いわわきでら)周辺の様子です。参道の小径を行くと、群生地の最後に岩湧寺の多宝塔が見えてきます。本堂周辺にも秋海棠(しゅうかいどう)の花がたくさん咲いていました。杉の大木から漏れる日差しに花が輝きます。


岩湧寺秋海棠
 石段の両脇に咲く姿が愛らしい。


岩湧寺秋海棠
 群生地の終わり頃、杉木立の間から多宝塔が見えた。


岩湧寺秋海棠
 参道から本堂に通じる階段。いにしえの姿をそのまま残す。


岩湧寺秋海棠
 多宝塔へと続く道。奥に石灯籠が目印のように立っていた。


岩湧寺秋海棠
 杉の大木の根元に日差しが落ち、哀愁がただよう。


 この赤い小さな花を見ていると、癒されますね。寺の静かな佇まいと相まって、心が落ち着きます。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

岩湧寺 秋海棠の小径

 大阪府河内長野市の岩湧山(標高898m)。その中腹にある岩湧寺(いわわきでら)周辺では、今の時期、群生する秋海棠(しゅうかいどう)の花を見ることができます。山の中腹の駐車場に車を止め、寺まで 「いにしえの道」 と呼ばれる参道の小径を登って行くと、10分ほどで秋海棠の群生地に着きます。


岩湧寺の秋海棠
 群生地に行く途中にも、参道の小径にはあちこちに秋海棠の花が見られる。


岩湧寺の秋海棠
 可憐だが、なかなか撮りにくい花である。


岩湧寺の秋海棠
 10分ほど小径を登ると、秋海棠の群生地に着く。山の斜面一面に、見事に咲いていた。


岩湧寺の秋海棠
 花がスポットライトを浴びて浮かび上がる。


岩湧寺の秋海棠
 小径は石段や石畳で整備されていて、花を見ながらのハイキングが楽しい。


 8月下旬頃から見頃だと聞いていたので、もう遅いかなと思いましたが、まだ大丈夫でした。小さな可憐な花が群生する様子は感動しますね。次回は岩湧寺周辺での様子です。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

OSAKA スナップショット 3

 大阪駅とグランフロント周辺のスナップ。今回は人影を中心に入れてみました。


OSAKAスナップ
 雨に濡れた横断歩道。


OSAKAスナップ
 曲線、直線と人の影が面白い。


OSAKAスナップ
 スポットライトが通路に縞模様をつくる。


OSAKAスナップ
 エスカレータが交差する。人が思い思いに動く。


OSAKAスナップ
 雨の夜、光る階段を降りる二人。


 人影を入れて写すと画面に動感が出て面白いですが、なかなかに難しいですね。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
プロフィール

harubotch

Author:harubotch
ご訪問ありがとうございます。
写真好きのおじさんです。
風景、スナップから花マクロまで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR