観心寺梅林

 大阪府河内長野市にある観心寺(かんしんじ)。秋の紅葉の頃が綺麗ですが、春の梅もほのかな香りがして癒されます。花はまだ少し早めでしたが、天気の良い日で春を満喫できました。


観心寺の梅
 入り口の山門横で枝垂れ梅が咲きかけていた。青空に淡い赤が綺麗。


観心寺の梅
 金堂(本堂)近くに咲く。


観心寺の梅
 境内にはこぢんまりした梅林がある。梅は五分咲きで、ほのかな香りが充満していた。


観心寺の梅
 可憐に咲いた花が、何か呼びかけてくるようだ。


観心寺の梅
 白梅を背景に紅梅を撮ってみた。


 観心寺は弘法大師空海、また楠木正成(くすのきまさしげ)や南朝ゆかりの寺としても知られています。都会から離れた山寺の静かな佇まい。ゆっくり散策してみるのもまた良いものです。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

茶源郷 円形茶畑

 京都府南端に位置する和束(わつか)町。山あいの斜面を利用して広大な茶畑が広がっています。宇治茶の4割を生産する産地で、茶源郷とも呼ばれています。昨年もこの時期に訪れましたが、今年は少し場所を変えて円形茶畑を訪ねてみました。


和束茶源郷
 民家のすぐ裏手から広がる茶畑は、この地域の人々の生活がお茶と密着していることを物語っている。


和束茶源郷
 丁度、梅が咲く時期とも重なって、茶畑の中に咲いた白梅が印象的だった。


和束茶源郷
 JR加茂駅からバスに乗り、原山バス停から徒歩約20分。写真家に良く知られる円形茶畑は、すぐ近くにいても気づきにくい。


和束茶源郷
 円形といっても半円形の茶畑は、撮影場所が限られる。


和束茶源郷
 これから新芽が出て、5月の新茶に間に合わせる。


 静かな山あいの急斜面の茶畑。本当に芸術的とさえ言える形をどうやってこの急斜面に作るのでしょうか?


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

大阪城梅林

 まだ早いかなと思いつつ、大阪城公園の梅林へ。2月中旬の肌寒い朝、春の日差しがまぶしいくらいの天気でした。梅はやはりまだ3分咲きといったところでしたが、平日にもかかわらず大勢の人で賑わっていました。


大阪城梅林
 早咲きを除き、全体としてまだ3分咲き。抜けるような青空が心地よい。


大阪城梅林
 広角レンズで大阪城を小さく入れてみる。もう少し花が欲しかった。


大阪城梅林
 大きくアップで撮るには、3〜5分咲きくらいが丁度良い。


大阪城梅林
 梅を撮るのはむずかしい。撮り方によってゴチャゴチャになってしまう。


大阪城梅林
 小さなピンクの梅の花。かわいいと思う。


 今年は暖冬だったから、うかうかしているとピークを逃してしまいそう。焦って行ってみたのですが、まだ早すぎました。今年は梅といい、桜といい、時期を見極めるのがむずかしそうです。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

堺の町屋 山口家住宅

 大阪府堺市は古くから貿易港として栄え、戦国時代にはいち早く鉄砲鍛冶が並び、また豊臣秀吉に仕えた茶人・千利休、大正期の歌人・与謝野晶子など文化人を輩出した都市としても有名です。そんな堺にある町屋のひとつ、山口家住宅を訪ねてみました。


山口家住宅
 山口家住宅の玄関に入る。少し広い土間に格子戸の影が映っていた。


山口家住宅
 中に入ると、伝統的な町屋の雰囲気を感じることができる。


山口家住宅
 堺の代表的な文化人、与謝野晶子と千利休の人形が飾ってあった。


山口家住宅
 おも屋と茶室を結ぶ廊下は、良く磨かれて光っている。木目模様が綺麗だ。


山口家住宅
 茶室の床の間には、一輪の花が生けてあった。


山口家住宅
 茶室には茶釜が置かれ、にぶく黒光りしていた。
 

 三月のひな祭り前後になると、ここ山口家住宅をはじめ周辺では 「七町ひな飾り」 が飾られ、町屋を巡り歩くことができるそうです。今回はちょっと早すぎました(^^;


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

白崎海岸 青と白のコントラスト

 和歌山県由良町にある白崎海岸。春を求めて行ったのですが、今年は雪の被害とのことで、期待した水仙は殆ど見る影もありませんでした。それでも、このあたりは海岸の景色が素晴らしく、青い海と白い石灰岩のコントラストがとても綺麗でした。


白崎海岸
 白崎海岸の風景。白い岩と青い海。


白崎海岸
 石灰岩の白い崖が紺碧の海に迫る。


白崎海岸
 期待した水仙は殆ど咲いていいなかった。背景に島影をぼかして、数少ない水仙を撮ってみた。


白崎海岸
 NDフィルターで長秒撮影してみた。白波を煙のように表現したかったのだが、持っていたNDフィルターがちょっと中途半端だった。


白崎海岸
 午後の日差しで海が光り、島影とのコントラストが面白かった。


 この辺りは、いつ来ても風が強く、白波が立っています。今回はあまり見かけませんでしたが、カモメやウミネコが群れをなし、風に逆らって飛んでいる光景に出会うこともあります。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

奥の院参道

 雪の高野山では奥の院まで歩きました。千年杉の道を延々2km。行き交う人もまばらで、昼なお暗い参道です。両脇に歴史上の人物のお墓が建ち並び、ちょっと急ぎ足。


高野山奥の院
 千年の杉木立に囲まれた参道が延々2km続く。石畳の道は雪で真っ白に覆われる。


高野山奥の院
 参道両脇は歴史上の人物のお墓が連なるが、ところどころに小さなお地蔵様も。


高野山奥の院
 昼なお暗い参道では、奥の院近くまで来ると、燈明が入っていた。


高野山奥の院
 普段は厳しい顔の不動明王も、雪で何となくユーモラスに。


高野山奥の院
 歩き疲れて帰る道。ケーブルカーから見える景色は素晴らしいものだった。


 奥の院では撮影禁止。弘法大師様にお詣りしてから引き返しました。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
プロフィール

harubotch

Author:harubotch
ご訪問ありがとうございます。
写真好きのおじさんです。
風景、スナップから花マクロまで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR