2016年05月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート

四季フォトノート

Archive2016年05月 1/1

都会のバラ再び

 大阪中之島のバラ園で、二年ぶりに都会のバラを堪能しました。写真は変わりばえしませんが・・・(^^; 中之島は堂島川と土佐堀川に挟まれた細長い中州。その東側に中之島公園があり、春と秋にバラを楽しむことができる。 ここは何と言っても、ビルや高速道路が立ち並び、都会の雰囲気の中でバラを楽しめる。 バラ園中央付近にはその名も「ばらぞの橋」というヨーロッパ調の橋が架かっている。 ところどころにガス灯のような照...

  •  0
  •  -

花咲ファーム イングリッシュローズガーデン

 今年もバラの花が綺麗に咲き、見頃を迎えています。泉南市の農業公園 “花咲ファーム” 。3〜4年前からイングリッシュローズガーデンとしてオープンし、春と秋にローズフェスティバルを開催、無料開放されています。 イングリッシュローズの特徴は、香り高いこと。あたりは甘いバラの香りが立ちこめていました。 花びらが渦を巻いたような花は少なく、どちらかというと牡丹のような形をしているものが多い。 バラの背後から雲が...

  •  0
  •  -

葛城山つつじ

 奈良県御所(ごせ)市の葛城(かつらぎ)山。毎年5月になると、「ひと目百万本」 と言われるつつじが見事に咲き、大勢の人で賑わいます。例年なら満開のはずの5月半ば過ぎに行ってみたのですが、今年は気温が高く一週間ほど早く咲いてしまったようです。 行った日は青空が広がり、お天気は申し分なし。 真っ赤に咲いているハズのつつじ・・・ところが殆どが枯れて茶色くなっていた。 それでも少しはマシなつつじを見つけては...

  •  0
  •  -

金剛三昧院のシャクナゲ

 高野山 金剛三昧院は、尼将軍 北条政子が、夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を弔うために建立したとのこと。高野山のメインストリートからひと筋奥まった、静かな環境にある宿坊寺院です(ホームページから)。シャクナゲが有名で、例年なら5月連休明け1週間目〜2週間目頃が見頃なのですが、行ってみるともう見頃を過ぎて散っている花が多かったです。 愛染明王をご本尊とする本堂。すぐ左は大シャクナゲの樹。古いもので樹齢450年...

  •  0
  •  -

九度山 町屋の人形まつり

 真田昌幸と信繁(幸村)が蟄居させられたという和歌山県の九度山町。今年も真田まつりが5月7日、8日に行われましたが、ひと足先に写真仲間と5月4日に訪れました。武者行列は見られませんでしたが、町屋の人形まつりが行われ、各家の軒先に人形が飾られていました。 各家にはこんな風に人形が飾られている。雛人形や五月人形などいろいろ。 吊し雛もかわいい。 真田六文銭を付けた赤備えの兜も多く飾られている。 家々の軒先...

  •  2
  •  -

春日大社の藤

 3年ぶりに奈良 春日大社(かすがたいしゃ)の藤を見に行きました。4月末のこの時期、何といっても 「砂ずりの藤」 ですね。南門を入ってすぐ左手に設けられた藤棚に咲いています。ところが近年この藤の長さが年々短くなっているような気がします。 春日大社の南門を入って左手、朱塗りの慶賀門の前に砂ずりの藤があります。 まだ時期が早かったのか、先の方はまだ咲いていない。以前ならもっと華やかだった気が。 気のせいか...

  •  2
  •  -