都会のバラ再び

 大阪中之島のバラ園で、二年ぶりに都会のバラを堪能しました。写真は変わりばえしませんが・・・(^^;


中之島バラ園
 中之島は堂島川と土佐堀川に挟まれた細長い中州。その東側に中之島公園があり、春と秋にバラを楽しむことができる。


中之島バラ園
 ここは何と言っても、ビルや高速道路が立ち並び、都会の雰囲気の中でバラを楽しめる。


中之島バラ園
 バラ園中央付近にはその名も「ばらぞの橋」というヨーロッパ調の橋が架かっている。


中之島バラ園
 ところどころにガス灯のような照明が立っていて、クラシックな雰囲気を醸す。


中之島バラ園
 気づいてみると、殆ど赤いバラを中心に撮っていた。


 ビルや高速道路が並ぶ中で、青空に赤いバラが似合いました。花の咲き具合も丁度良かったです。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

花咲ファーム イングリッシュローズガーデン

 今年もバラの花が綺麗に咲き、見頃を迎えています。泉南市の農業公園 “花咲ファーム” 。3〜4年前からイングリッシュローズガーデンとしてオープンし、春と秋にローズフェスティバルを開催、無料開放されています。


花咲ファーム イングリッシュローズガーデン
 イングリッシュローズの特徴は、香り高いこと。あたりは甘いバラの香りが立ちこめていました。


花咲ファーム イングリッシュローズガーデン
 花びらが渦を巻いたような花は少なく、どちらかというと牡丹のような形をしているものが多い。


花咲ファーム イングリッシュローズガーデン
 バラの背後から雲が放射状に広がっていた。


花咲ファーム イングリッシュローズガーデン
 いくつものアーチ状のローズゲートが、同心円状に広がる。


花咲ファーム イングリッシュローズガーデン
 つるバラがアーチに巻き付けられ、青空にバラの花が似合っていた。


 ここイングリッシュローズガーデンは、英国デビッド・オースチン社の世界で2番目の公式ガーデン。山に囲まれた丘陵地に立地しており、7500㎡に及ぶ敷地には、3000株を超えるバラが植えられています。所狭しと沢山のバラが植えられているので、どの花を撮るか迷ってしまいます。今年は何処もバラが綺麗なようですね(^^;


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

葛城山つつじ

 奈良県御所(ごせ)市の葛城(かつらぎ)山。毎年5月になると、「ひと目百万本」 と言われるつつじが見事に咲き、大勢の人で賑わいます。例年なら満開のはずの5月半ば過ぎに行ってみたのですが、今年は気温が高く一週間ほど早く咲いてしまったようです。


葛城山つつじ
 行った日は青空が広がり、お天気は申し分なし。


葛城山つつじ
 真っ赤に咲いているハズのつつじ・・・ところが殆どが枯れて茶色くなっていた。


葛城山つつじ
 それでも少しはマシなつつじを見つけては山並みと対比してみる。


葛城山つつじ
 平日でも訪れる人はまだ多かった。しかし、心なしか歩く人も諦めた様子。


葛城山つつじ
 日陰に咲くつつじはまだ元気だった。


 今年は5月12日頃には既にピークだったようです。もう少し花が長持ちすると思ったのですが。それにしても、またも外してしまいました!


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

金剛三昧院のシャクナゲ

 高野山 金剛三昧院は、尼将軍 北条政子が、夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を弔うために建立したとのこと。高野山のメインストリートからひと筋奥まった、静かな環境にある宿坊寺院です(ホームページから)。シャクナゲが有名で、例年なら5月連休明け1週間目〜2週間目頃が見頃なのですが、行ってみるともう見頃を過ぎて散っている花が多かったです。


金剛三昧院シャクナゲ
 愛染明王をご本尊とする本堂。すぐ左は大シャクナゲの樹。古いもので樹齢450年もあるという天然記念物。


金剛三昧院シャクナゲ
 残念ながら見頃を過ぎ、萎びたり散ったりした花が多かった。


金剛三昧院シャクナゲ
 石畳と燈籠にシャクナゲ。なかなか情緒ある組合せ。


金剛三昧院シャクナゲ
 多宝塔にシャクナゲ。花の数がさびしかった。


金剛三昧院シャクナゲ
 シャクナゲに日が射し、暗い林の中に浮かび上がる。


 今春はどの花も咲くのが早くて、行く時期を外しています。う〜む、どこかで流れを変えなければ・・・


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

九度山 町屋の人形まつり

 真田昌幸と信繁(幸村)が蟄居させられたという和歌山県の九度山町。今年も真田まつりが5月7日、8日に行われましたが、ひと足先に写真仲間と5月4日に訪れました。武者行列は見られませんでしたが、町屋の人形まつりが行われ、各家の軒先に人形が飾られていました。


九度山人形まつり
 各家にはこんな風に人形が飾られている。雛人形や五月人形などいろいろ。


九度山人形まつり
 吊し雛もかわいい。


九度山人形まつり
 真田六文銭を付けた赤備えの兜も多く飾られている。


九度山人形まつり
 家々の軒先には赤い提灯が風に揺れる。


九度山人形まつり
 近くの丹生川にはこいのぼりの川渡し。


 この日は雨の予報が一転、快晴となり暑いくらいの日差し。NHK大河ドラマの影響や、連休中ということもあって多くの人出でした。


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ

春日大社の藤

 3年ぶりに奈良 春日大社(かすがたいしゃ)の藤を見に行きました。4月末のこの時期、何といっても 「砂ずりの藤」 ですね。南門を入ってすぐ左手に設けられた藤棚に咲いています。ところが近年この藤の長さが年々短くなっているような気がします。


春日大社の藤
 春日大社の南門を入って左手、朱塗りの慶賀門の前に砂ずりの藤があります。


春日大社の藤
 まだ時期が早かったのか、先の方はまだ咲いていない。以前ならもっと華やかだった気が。


春日大社の藤
 気のせいかとも思ったが、房がやはり短い。長くても50〜60㎝という感じ。


春日大社の藤
 下が短いから上の方を撮る。


春日大社の藤
 紫の房がぶら下がるのは、やはり藤独特の風情。青空に映える。


 家に帰って、3年前の写真を確認してみました。やはり、今年は大分短かったようです。因みに、3年前にあげたブログではまだ長いですが、それでも当時は短いと感じたようです。ここをクリック。
 う〜ん、見に行った時期が悪いのか、気候変動の影響なのか、はたまた手入れの影響なのか・・・


気に入って頂けましたら、
応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
プロフィール

harubotch

Author:harubotch
ご訪問ありがとうございます。
写真好きのおじさんです。
風景、スナップから花マクロまで、いろいろ挑戦しています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR