2016年09月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート

四季フォトノート

Archive2016年09月 1/1

神戸どうぶつ王国

 たまに動物を撮ってみるのも楽しいもの。今回、機会を得て「神戸どうぶつ王国」へ行ってきました。以前の「神戸花鳥園」からリニューアルされ、内容は花よりも動物主体になっていました。 園内のウオーターリリーズでは、様々な睡蓮が咲いていて綺麗。 天井の窓から明かりがもれて、睡蓮を照らし出す。 そして、いろんな動物の肖像写真を撮ってみてもおもしろい。 ワオキツネザルの肖像。忙しく動いていたので、ピントがなか...

  •  0
  •  -

だんじり流し撮り

 2年ぶりに岸和田だんじり祭りを撮りに行きました。例によって流し撮り。ブレブレ写真のオンパレードです。ご覧になる方は、目が痛くなるのをご了承ください(^^; カンカン前の大通り。何人乗ってるんだろう? だんじりを引っ張る方も大変。え〜い、引っ張れぇ〜ぃ おっとっと、やりまわしでバランスをとる大工方。信号にぶつかる〜ぅ 観衆が見守る中、だんじりが疾駆していく 気合十分。それぇ、いけ〜っ! 失礼、つい力が...

  •  2
  •  -

木の根道

 鞍馬寺の階段を上っていくと、ようやく本殿に到着。本殿前から山々の風景を眺めるとホッとします。本殿から更に約20分、急な石段を登り詰めると、「木の根道」と呼ばれるところがあります。鬱蒼とした杉の木に囲まれるこの辺りは、牛若丸が天狗を相手に修業したと伝わっています。 本殿まで上る階段の途中、手水舎があった。まだ青い楓の葉っぱが水底に沈んでいた。 ようやく本殿に到着。本殿前の広場は朱塗りの欄干で囲まれ、...

  •  2
  •  -

鞍馬山の天狗

 写真仲間と京都の鞍馬寺へ行ってきました。9月に入っても蒸し暑く、途中階段が多くて、撮影もなかなか進みませんでした。牛若丸がここで修業し、また天狗伝説も伝わるこのお寺、神秘的で幽玄を感じます。 叡山電鉄の終点・鞍馬駅を降りてすぐ、大きな天狗のお面があった。なかなか迫力ある鼻である。 少し歩くとすぐに山門にぶつかる。浄域への結界となる。 山門には二体の仁王像が立っていた。片目が異様に光る。 そして格...

  •  0
  •  -

森林の緑

 このところ、台風がいくつも近づいて不安定なお天気が続きますね。少し前まで森林は夏の日差しを浴び、緑が美しく輝いていました。新緑ではありませんが、心が安らぎます。 暑い日は緑が心地よい。 小川のせせらぎも。 森林の中に、日差しが差し込む。 緑のもみじも風情がある。 流れが涼を誘う。 9月に入っても蒸し暑いこの時期ですが、少しでも涼しくなればありがたいです。気に入って頂けましたら、応援クリック宜しく...

  •  2
  •  -

奈良公園のサルスベリ

 8月下旬、奈良公園へ行くとサルスベリ(百日紅)の花が見頃を迎えていました。この時期、他にあまり花が見当たらない中で、白や赤、ピンクと結構目立っています。 東大寺周辺に咲くサルスベリ。朱塗りの建物とよく似合う。 民家の塀から枝が大きく張りだし、東大寺の建物を借景に贅沢な風景。 浮き雲園地の小川の畔にもピンクの花。 奈良公園と言えば鹿。何頭かサルスベリの木陰でたむろしていた。 そして浮見堂周りでも結...

  •  0
  •  -