2016年11月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート

四季フォトノート

Archive2016年11月 1/1

絶景のみたらい渓谷

 奈良県天川村にあるみたらい渓谷。11月中旬に訪れると、巨岩がごろごろする渓谷に紅葉が映えて絶景です。渓谷には遊歩道も整備されており、吊り橋からは滝の流れや渓谷美が眺められます。 巨岩ひしめく渓谷に朝の光が差し込む。 遊歩道の入り口に、みたらいの滝と呼ばれる小さな滝がある。黄葉とマッチングして風情がある。 遊歩道入り口の階段を登りつめると、縦横に吊り橋がかかり、巨岩や滝を見下ろせる。水が少ないのが残...

  •  2
  •  -

鍵掛峠からの大山

 時期が遡ります。11月上旬に鳥取県の大山撮影ツアーに参加しました。大山は伯耆富士とも呼ばれ、標高1,729mで中国地方の最高峰。定番の鍵掛峠(かぎかけとうげ)からの撮影です。 大山の雄姿。この日は青空だったが、雲が殆どなかった。 山裾は杉と紅葉が交錯する。 山肌の露出部分と森林の境目がはっきりしている。 太陽が照りつけ、山肌の凹凸が強調される。 西に目をやると、紅葉が逆光に輝いて綺麗だった。 丁度紅葉の...

  •  2
  •  -

和歌山城の秋

 まだ紅葉には早いかと思いつつ、11月10日頃に和歌山城へ足を向けました。やはりまだまだ見頃ではありませんでしたが、ようやく色づき始めた葉っぱが、今年も綺麗な紅葉を予感させてくれました。 天守閣の桜の紅葉は殆ど散っていた。 西の丸庭園のもみじは、まだ色づき始め。陽の当たる部分だけほんのり赤くなっていた。 池の上に鳶魚閣(えんぎょかく)と呼ばれる茶室があって静かな佇まい。 “モミジバフウ”が鮮やかに紅葉し...

  •  0
  •  -

大台ヶ原の秋

 時期が前後しますが、10月下旬に大台ヶ原(東大台)へ行ってきました。標高1695mの日出ヶ岳から大蛇嵓まで立ち枯れの木や笹原が続きます。行った日は快晴で、丁度紅葉が綺麗な時期でした。 展望テラス付近から日出ヶ岳(ひでがたけ)の頂上を望む。青空が綺麗だった。 日出ヶ岳からの眺め。紅葉真っ盛り。 正木峠付近では一面の立ち枯れの木。 牛石ヶ原に着くと、神武天皇像が迎えてくれる。 圧巻はやはり大蛇嵓(だいじゃ...

  •  0
  •  -

紅葉の高野山

 11月上旬、写真仲間と高野山へ行ってきました。高野山は他の関西地区に先駆けて紅葉の最盛期。例年より僅かに色づきが遅い部分もありますが、やはり圧倒されます。 金剛峯寺の前の紅葉は、真っ赤に色づいていた。 金剛峯寺の塀の屋根に苔が生え、紅葉とのコントラストが印象的だ。 裏門の入り口、杉木立に混じって、色づき始めたもみじ。 蛇腹道も紅葉が青空を覆っていた。 手水舎の水が紅葉に染まる。 数年前に比べて外国...

  •  2
  •  -

霊山寺のバラ

 奈良市富雄の里に、霊山寺(りょうせんじ)という真言宗大本山の寺院があります。境内は広く、林に囲まれた堂塔伽藍が静かな佇まい。かなり規模の大きい古刹ですが、そんな境内の一角にバラ園があります。お寺にバラ園はちょっとアンバランスな気がしますが、いろんな種類のバラが植えてあって結構本格的です。 境内のバラ園は本格的。洋風の花壇にしてあり、小さな池やモニュメントもあったりして結構広い。 白い格子に真紅の...

  •  4
  •  -