2017年07月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート

四季フォトノート

Archive2017年07月 1/1

南光ひまわり畑

 7月下旬の暑い日、兵庫県佐用町南光地域にあるひまわり畑へ向かいました。南光地域では7月上旬から8月上旬にかけて、町内を6地区に分け、時期をずらしてひまわりが栽培されています。23haの広大な畑に120万本のひまわりが次々に咲きます。 広大な畑にひまわりが咲く。花があちこち向いて、ちょっとお行儀が悪い。 こちらはまだお行儀が良かった。 ジリジリと照りつける太陽にも、ひまわりは元気。 なかなか絵になる人は少な...

  •  4
  •  -

布引の滝

 蒸し暑い日が続く時は、涼しい滝景色を。新神戸駅から徒歩5分で「布引の滝」を見ることができます。案外知られていませんが、華厳の滝、那智の滝と合わせて「日本三大神滝」と言われているそうです。日本の滝百選にも選ばれています。 下流から雌滝、鼓滝、夫婦滝、雄滝と4つの滝の総称で布引の滝と呼ばれている。これは雌滝。 雌滝の滝壺からダムのように流れ落ちる水流は、涼を誘う。 そして上流にあるのが雄滝。確かに優雅...

  •  2
  •  -

富田林 寺内町

 江戸時代のお寺と商家の街並みが今も残る富田林市の寺内町(じないまち)。近鉄富田林駅から歩いて5分。ひっそりした佇まいに、時代の重厚さを感じます。 江戸時代の街並みが濃く残る城之門筋。 火灯窓や煙だし屋根など、建物のあちこちに独特のものがある。 商家の立派な塀の上にムクゲが咲いていた。 伝統的な木格子の前に真っ赤なポストが似合う。それにしても、右の石造りのものは何だろう? 当日は生憎の曇り空。午後...

  •  4
  •  -

水に揺れるハス

 朝から日差しが照りつけ、蒸し暑い一日。万博公園のハスは、池に映って涼しげに揺れていました。 池にはハスや睡蓮がたくさん咲き、水に映って華やか。 時おり、コイが水面に波紋を広げ、映ったハスが涼しげに揺れる。 逆さに咲く花を見ると、虚像と実像の狭間で不思議な錯覚に陥る。 万博公園のハスは結構近づけるので、いろんな角度から自由に撮れていいです。この日は平日でしたが、週末は早朝観蓮会や象鼻杯があって、朝...

  •  2
  •  -

りんくうタウンの一日

 梅雨の晴れ間。関西空港にほど近いりんくうタウンへ。のんびりした雰囲気ですが、蒸し暑さを伴って真夏を感じる一日でした。 このあたりでは唯一ののっぽビル、ゲートタワービル。その脇を関空連絡道路の高架が走る。 ビルの足もとに、アガパンサスの花が咲いていた。 関空を望むこのベンチに座って、のんびりと休日を過ごすのも良し。 関空連絡橋の上をひっきりなしに飛行機が飛ぶ。 九州の方では、豪雨による大きな災害が...

  •  2
  •  -

雨の長谷池

 神戸森林植物園の続きです。あじさいの次は長谷池へ。池の畔には所々に赤いサツキが咲き、水面には睡蓮の葉が広がっていて、雨に煙る池が何とも幻想的でした。 激しく降る雨に煙る長谷池。 水面には睡蓮の花。堤の赤いサツキが目を惹く。 大きさがまちまちな睡蓮の葉。色とりどりに広がっていた。 池の畔には綺麗な新緑。 雨がかなり強かったのですが、晴れの日より幻想的な風景に出会えました。人も少なく、撮影には良かっ...

  •  0
  •  -