2017年09月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート

四季フォトノート

Archive2017年09月 1/1

ガーデンミュージアム比叡

 ガーデンミュージアム比叡で行われた撮影会。標高840mの比叡山頂にある庭園美術館です。フランス印象派の画家たちが描いた作品をモチーフに設計されたという園内には、四季折々の花が咲いています。 ちょっと不思議な形のクレオメの花が満開。風に舞う蝶のような花姿から、西洋風蝶草とも呼ばれる。 園内のあちこちに印象派画家たちの陶板画が飾られている。 睡蓮の池の畔には、薄紅色の可憐な花が咲いていた。 コスモスの花...

  •  2
  •  -

花のボカし撮り

 9月中旬、大阪府立花の文化園へ。人が少なかったので、ゆっくり花のボカし撮りができました。 ダリア。単焦点レンズに中間リングを入れて開放気味で撮ってみる。 葉っぱの模様が面白かった。 キバナコスモスも咲いていた。 背景の木製ベンチが大きくボケてくれた。 機材を軽くしようと、マクロや望遠ズームは持たず、単焦点レンズのみで撮ってみました。ボカしが効くのですが、その分ピントがシビアです。気に入って頂けま...

  •  2
  •  -

ハルカス300展望台

 「ハルカス300」は「あべのハルカス」の展望台。地上300m、60階からの眺めを写真仲間と楽しみました。午後の遅い時間、丁度夕陽も見ることができました。 さすがに地上300mの眺望は足がすくむ。展望を楽しむ人も多かった。 午後の強い日差しが窓から射し込む。60階のフロアに大きな縞模様。 遠く天保山の方角で、海が金色に輝き出す。 やがて陽が沈む。赤味を帯びた暖かみのある夕陽が、鉛色のビル群を照らす。 地上300mか...

  •  0
  •  -

あべのハルカスと北斎

 写真仲間と久しぶりに天王寺の「あべのハルカス」へ。建物に入らず、広角レンズであちこちから覗き見るようにハルカスを撮っていると、葛飾北斎を思い出しました。 ガラス屋根を通してハルカスを覗き見る。 北斎の「神奈川沖浪裏」を連想してしまう。 ビルの谷間からハルカスの頂上を狙う。 こちらも覗き見るように・・・ 広角気味に主役を覗き見て撮ると北斎を思い出します。北斎は望遠から広角まで、肉眼ズームレンズと言...

  •  2
  •  -

泉南花火大会

 関西空港島の対岸に位置する泉南市サザンビーチ。8月下旬ここで花火大会が行われました。この日はそれまでの猛暑が弱まって少し涼しく、海岸は気持ちよかったです。 サザンビーチではまだ明るいうちから大音響の音楽と光の乱舞。花火は午後8時20分に開始。 9時のフィナーレまで40分間の花火。ちょっともの足りない。 途中、花火アートを楽しむ。 露光間アウトフォーカスがどうだったかコツを忘れて、何が何だか・・・ サザ...

  •  6
  •  -