2020年07月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート
FC2ブログ

四季フォトノート

Archive2020年07月 1/1

京都植物園のハス

 7月中旬、京都府立植物園へ。今の時期はやはりハスが目当て。広い園内では何箇所かに分散してハスが咲いていました。 園内の、その名も「ハス池」には、白いハスが咲いていた。並んで咲くハスが微笑ましい。 園内の「あじさい園」にもハスが咲いている。ハスは池の中に咲き、その周りの土手にアジサイが咲く。 そして「四季 彩の丘」にもハスが咲く。こちらは鉢植え。 鉢植えのハスは近づいて撮れるので、ローアングルで撮っ...

  •  0
  •  -

りんくう公園夕景

 大阪湾に面したりんくう公園。この辺りはマーブルビーチにかけて、日本の夕陽100選に選ばれています。梅雨時とあってこの日も雲の多い日。夕焼けとまではいきませんが、僅かにオレンジ色に染まった夕景は情緒的でした。 夕方7時前のりんくう公園夕景。僅かにオレンジ色に染まった海と松林のシルエットが情景的。 近くには関西空港への連絡橋が伸び、その先に太陽が沈む。 散歩がてら沈みゆく太陽を見ようとする人は多い。 沈...

  •  0
  •  -

りんくうタウンの造形美

 久しぶりにりんくうタウンへ行ってみました。ここは阪神高速湾岸線から関西空港への連絡橋が繋がっているため、高架道路が縦横に交錯しており、造形美が面白いです。 りんくうタウンの表玄関、ゲートタワービル。 高速道路が縦横に走り面白い。 補修中の道路もあって変化に富む。 そして空港島へ向かう連絡橋の機能美に魅了される。 この日は曇り空。晴れた日に青空と太陽を入れて再挑戦したいですね。気に入って頂けました...

  •  2
  •  -

海辺の夕景

 梅雨の合間の夕刻、海辺へ行ってみると、雲のまにまに夕陽が顔を出し、思った以上に綺麗なことがあります。この日も雲が多かったものの、太陽が沈んだ後もしばらく空が綺麗でした。 日没の直前、雲に隠れていた太陽が島陰の上に僅かに頭を出した。 その頃、突堤の上では釣り人が竿を持つ。 そして雲が赤く染まった。 空の色が刻一刻と変化し、やがて夕闇に包まれていく。 7月上旬の海は穏やか。この後、各地で豪雨になると...

  •  0
  •  -

伊勢神楽

 田植えが終わり、7月に入ると今でも伊勢神楽(かぐら)がやってきます。伊勢神楽は江戸時代中期から始まったといわれ、伊勢神宮へ参拝できない人々の代わりに伊勢からやってきます。 家々を巡り、笛、太鼓、鉦の音にのせて獅子神楽を舞って荒神を祓い、神札を配る。 手には鈴、御幣、刀などを持って舞う。 二人一組の獅子舞。 最後は頭からすっぽり衣装を被りクライマックス。 今年も九州、岐阜、長野など広範囲で豪雨災害...

  •  0
  •  -

田んぼと夕陽

 6月下旬。こちらでは梅雨になると田植えが始まります。東日本や北日本に比べるとかなり遅い田植えですが、梅雨の雨を利用するので合理的と言えば合理的です。 夕方6時半頃、日が西に傾く。田植えを終わった田んぼは空を反射して輪郭が浮かび上がる。 鉄塔と夕陽。この日はかなり雲が多く、日没が見られるか微妙。 更に日が傾いて、空が少し赤味を帯びてきた。 日没直前、空が赤く染まり田んぼが輝いた。 日没時には太陽が雲...

  •  0
  •  -

あじさい園

 万博公園に引き続き、長居植物園のあじさいです。写真仲間と6月中旬に行きました。万博公園と同様、ちょうど見頃でした。 こちらも木陰が多く、あじさいをゆっくり鑑賞。 少し色づいた木の下にガクあじさいが咲いていた。 木漏れ日のスポットライトに照らされて、花が浮かび上がる。 こちらは葉っぱがドライフラワーのように萎れているのに、花は元気に咲いているなんとも不思議なあじさい。 この日は日差しが強かったので...

  •  0
  •  -