2021年02月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート
FC2ブログ

四季フォトノート

Archive2021年02月 1/1

道明寺天満宮の梅園

 藤井寺市の道明寺天満宮では、梅が満開とのことです。3.3ヘクタールの梅園に80種計800本の白梅、紅梅が植えられています。一足先の10日ほど前に写真仲間と行ってきました。時期が少し早めでしたが、梅園は見応えがありました。 盆梅展も開かれていて、綺麗に咲き揃った梅を見ることができる。 鳥居と紅梅。早咲きの梅は花が少し行き過ぎていた。 梅園中央には石橋がある。白い欄干に紅梅が対照的。 大きな梅は本殿の屋根まで...

  •  0
  •  -

石垣に咲く水仙

 散歩がてらお城の公園へ行ってみました。冬の間は殺風景な景色だったけれど、少しずつ梅や水仙が咲いて彩りが出てきました。早く本格的な春が来てほしいものです。 いつものお城のシルエット。紀州藩のお城は風格がある。 庭園内の紅梅も少しずつ咲き始めた。 お堀の水面に枝振りの良い松が映っていた。 お城を取り囲む石垣には水仙が咲いている。 石垣沿いの大きな木の根元に可憐に咲いていた。 ワクチン接種が始まりまし...

  •  0
  •  -

緑地の水仙

 日毎に日射しが暖かくなり、あちこちで水仙が咲いています。公園の緑地に咲いたニホンスイセンも生き生きしてきました。 緑地に咲いた水仙に日が射し込む。 いつもうつむき加減の水仙たち。 それぞれ微妙に違う方向を向いている。 正面から覗いてみると、地味だが端正な顔をしている。 水仙の英語名は「narcissus」ナルキッソス。ギリシャ神話に出てくる美少年の名が由来だそう。ナルキッソスは、自分の姿に恋をして花にさ...

  •  0
  •  -

誰もいない祇園界隈

 雨が降る日の京都祇園界隈。そうでなくても人通りが少ない今日このごろ。一層、さびしげな雰囲気でした。 白川沿いにサザンカの花が咲いていた。 ひっそり佇む辰巳大明神。巽橋を渡る人を騙すという狸がでてきそうだ。 普段はにぎやかな花見小路も人通りは少なく、雨に光る石畳が目立った。 先斗町まで足を延ばしてみる。路地にもやはり人がいなかった。 雪が降りそうで降らなかった祇園界隈。冷たい雨に傘を持つ手がかじか...

  •  0
  •  -

吉野の白雪

 源義経や後醍醐天皇など、歴史上の人物と縁が深い吉野。挿話や逸話では雪深い設定が多いのですが、最近は昔ほど雪が降らないような。この冬に寒波が来た時には、朝のうち雪が残っていたものの、お昼ごろには殆ど溶けていました。 中千本あたりの降雪。雪化粧の山。 落葉した樹々は白い枝を伸ばす。 金峯山寺の辺りもひっそりと。 石段近くの雪の上に、もみじが一葉。 赤いナンテンの実を見つけてホッとする。 吉野の雪とい...

  •  0
  •  -