2021年04月の記事 - 1ページ目 - 四季フォトノート
FC2ブログ

四季フォトノート

Archive2021年04月 1/1

根来寺の桜 ’21

 桜が続きます。和歌山県岩出市の山あいにある根来寺。凡そ430年前には僧兵の勢力が強大となり、秀吉がこれを恐れた結果、根来攻めを行って数々の建物が焼失したことは有名です。春には全山が桜に覆われて、華やかな雰囲気になります。 桜はソメイヨシノが殆ど。奥に大塔が見える。 光明殿。今は人が少ない。 奥の院参道には子供地蔵が並ぶ。 大門周辺でソメイヨシノが散り始めていた。 根来寺は大塔、奥の院、大門などがあ...

  •  0
  •  -

山中渓の桜 '21

 3月末に山中渓の桜を撮りに行きました。山中渓は江戸時代に紀州徳川家が参勤交代に供する紀州街道の宿場があったところ。その後はさびれていましたが、昭和40年代に桜が植樹され、現在では桜が1,000本にもなって結構人気があるようです。 ここぞとばかりに咲いた地福寺の桜。毎年見事に花を咲かせる。 朝日が差し込む前、山寺特有の哀愁がある。 近くの公園はソメイヨシノが満開。 桜の中をJR車両が走り抜ける。山中渓はてっ...

  •  2
  •  -

はんなり枝垂れ桜

 3月下旬の京都、醍醐寺。秀吉が大規模な花見を催したという醍醐寺には、立派な枝垂れ桜がたくさんあります。そのどれもが迫力があり、一方では華やかで上品な桜です。 仁王門に覆いかぶさる迫力の枝垂れ桜。 五重塔に、はんなりスダレのように。 屋根にも大きく迫る。 そして、阿弥陀様には傘のようにやんわり。 秀吉の時代はどんなお花見だったのでしょう?赤い毛氈を敷き、枝垂れがはんなり揺れるのを見ながら、大きな野...

  •  2
  •  -

京都御苑の枝垂れ桜

 京都御苑北西部の近衛邸跡には凡そ30本の枝垂れ桜の大木が植えられています。御苑の中でも一番早咲きの糸桜は、今年は3月中旬過ぎにはもう散り始めていました。 近衛定跡の糸桜。既に満開を通り越していた。 あちこちから枝が垂れ下がる。 桜のカーテンのよう。 ピンクの可愛い枝垂れ桜も。 それにしても、今年の京都は平年より12日も早く桜の開花宣言があり、観測史上最速とのこと。また、満開も記録の残っている1200年で...

  •  2
  •  -